2005-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

みなさん こんばんは。今年もいよいよ残すところあと3日となりました。今年6月からスタートした「デザインの力」ブログもお陰様で続けることができました。いろいろコメントを寄せていただいた方、見に来てくださった方のお陰です。本当にありがとうございました。

来年はもっともっといろんなテーマを掘り下げたり、盛り上げたり、僕なりの考え方で続けて参ります。乞うご期待!

年内は明日30日で仕事収めです。そして新年は、お客さんには9日の祝日から仕事始めとは言っているものの、たぶん7日あたりから仕事をしていると思います…。

今日のエントリーが、今年最後になると思いますが、みなさんも今年のいろんなことに感謝して、充実した年末をお迎えください!そして、皆さんにとって、素敵な2006年でありますように、心からお祈りいたします。

来年も、どうぞ宜しくお願いします そして、ありがとうございました。

2005last.gif

スポンサーサイト

テーマ:年末年始 - ジャンル:日記

最後の追い込み

hikari.jpg

楽しく賑やかなクリスマスは終わりました。どんな2日間でしたか?

それにしても東京のクリスマスは外国人に言わせると「気持ち悪い」らしいです。レストランでみんなで同じコース料理を食べて、お酒を少し呑んだらそのままホテルへ直行…。もうほとんどSEXの日みたいに思われているようです。んで、この行動が外国人からは信じられないそうで、ただ気持ち悪いそうです。海外では家族みんなで過ごすというのが当たり前なので確かにそう言われてみると変ですね…。でも宗教とか関係ないところでクリスマスを楽しんでいるのでそれはそれで、まあ、いいんじゃん!って感じです。(ということにしておきましょう…)

さて、この時期になるといいかげん「忘年会」も終わって、年賀状のあて名書きやら大掃除やら、さらに忙しい1週間。…て、今週で2005年も終わりじゃん。なんとも今年は早かったな~僕にとっては。それだけ充実していたということなんだろうか??とか言いながら今日、お客さんの年賀状の印刷データを入稿!なんてこともあったりして…。えっ、間に合うの?とお思いでしょうが、今日までに印刷会社へ入稿で28日には納品完了です。印刷と言っても「オンデマンド印刷」のドキュカラーという方法での印刷なので早い、安い!という訳であります。しかも受注は24日、その日にデザイン&文字校を済ませ、昨日の25日にお客様からOKをもらい、今日の朝の手配という流れでした。豪速デザインとはいうものの永いおつき合いのアパレルさんなのでイメージもすぐ浮かんで、すごく良いデキになりそうです。自分でもすごい達成感もあったりして、こういう時こそ対応するのが大事なんですよね…。もちろんお客様も大喜びという結果だったし、こういうことがあるから止められないなあデザインは…という事をつくづく感じた約2日間でした。

我が家のクリスマスは昨日の夜(日付けはすでに26日)で、女房と二人でのんびりプレゼント交換などをしながら楽しい時間を過ごしました。毎年僕も女房も24~25日は仕事でたぶん一般的なクリスマスではないと思いますが、いろいろな楽しみ方があるもんです。録画した「さんま&SMAP」を見たりね…。

ところでこの時期は「来年の抱負は?」なんて話になったりしますが、僕の抱負は、「継続」です。今までのように続けていくことが次の時代へのステップになるはずです。そして、毎年とにかく前向きに仕事も人間関係も家族に会う事や友達と呑むことも「継続」ということにしました。そのためには健康で、いつも元気で無ければそれは可能ではありません。

来年は「デザインの進化論」というテーマを考えながらここでいろいろお話しようと思っています。今年もあと僅かですが、宜しくお願い致します。

ちなみに、弊社の年賀状と僕個人の年賀状のあて名書きは、年末ギリギリではじめるようですね…とほほ。

テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

中吊り広告

nakaturi.jpg

こんばんは 今日も物凄く寒い東京です。でも、九州から東北にかけて大雪で大規模な停電まであって、お見舞い申し上げます。暖冬なんて一時は言ってましたけど、どこがやねんという今日この頃です。皆さんお元気ですか?

さて、今日は僕の会社の顧問税理士さんのところへ行く往復の電車の中で寂しくなってしかたがなかった「中吊り広告」について思うことを少しお話します。最近はあまり電車に乗る機会も以前に比べると減りましたね。というか、一人の会社ということもあって、というかお客様に恵まれてとでも言いましょうか、ほとんど僕の会社に来ていただいてます。いつもすみません。本当にありがとうございます…

で、本題に入りますが、昔は電車内の広告もいろんなアイデアや発想が豊かでそれなりに刺激を受けたのですが、今日乗った電車(日比谷線)は、クリエイティブ性が無いものが多く、残念な気分でいっぱいになってしまいました。しかも最近では皆さん、自分の携帯画面ばかりに夢中でほとんどの人が見ていなかったようでした。雑誌や週刊誌等の広告は割と見ている方もいるようですが、その他は全くといってもいいほど、見られていないのが現状です。そもそも電車の中のスペースをレンタルして掲載料を払っているわけですから、人々の目を引く広告でなければ意味もありませんよね…。僕がふと思ったのは、「今の時代にあっていない広告手段」だということ。広告代理店がほとんどそのスペースを抑え、デザイナーに発注して印刷して…。決して印刷代も部数がそれほど多く無いので割高なはずです。特に額面の広告は、厚紙(コートボール)のような物に直で印刷か、もしくは合紙の加工等、それなりに費用が掛かります。しかし、今や人々は自分の携帯画面しか見ていない…。何か違う手段を考えるべきではないのかなと思いました。アイディアはあるんだけど、ここで話すとパクられそうなので止めときます…。

まだ、全車同一の広告電車は意味が確かにあって、それなりに広告としての訴求力もある。っていっその事、全てそうすればいいのになあと思うのは僕だけっすかね…。今週の電車はユニクロです…みたいな。まだ、駅貼りもポスターは、かろうじてその存在の意味があるんだけど、でも時間の問題でしょうね、これも…。寂しいっすねえ、何だか。

一番重要な事は、人々がクリエイティブなモノに反応しなくなったと言う事かなあ。そういう割にはデザインには注目しているという矛盾…。そしてクリエイティブを感じさせない中吊り広告の存在はどうなるのか…。アイディア次第でモノが売れる時代だと思うし、人々はそれを(何かを)待っていると思うんですが、いかがでしょう…

xmas_2.jpg


クリスマスは終わりました…

テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

銀座のApple

ginzastore.jpg

なんだか本当に寒い日が続いてます。皆さんお元気ですか?週に2~3回のエントリーでごめんなさい。とにかく忙しい日々のまま、大晦日までって感じ…。

さて、昨日「銀座」にあるApple Storeに行って来ました。わざわざ行った訳ではなく、お友達と知り合いのフレンチシェフが銀座にお店をオープンしたので、忘年会も兼ねて食べに行って来ました。忘年会は夜の7時からだったんですが、少し早めに女房と二人で久々の銀座です。いろいろプレゼントも買う予定だったので松屋とかプランタンとかいろんな所をブラブラしてきました。

ならばということで、銀座のアップルストアに。渋谷よりなんか見やすい感じで、人は多いものの割と落ち着いていろいろ見る事ができました。さすがに一番人集りができていたのはi-podの1Fのコーナーで、とにかく触りまくってきました。一番驚いたのは「エレベータ」でしたけど…。それはガラスばりの構造で、閉まるボタンもありません。行き先の階を押すボタンもありません。各階止まりでゆっくり上がったり下がったり、とても静かなエレベータに驚いた次第です。意外なところに僕は感動してしまって、印象が一番残っているのはこのエレベータかな…(笑)

それにしてもアップルの戦略は上手すぎるなと想いながら、G5やらi-mac、Powerbookなど、片っ端からいじり回してみたんだけど、やっぱり感じたのは昔からの「マックらしさ」みたいなものがなくなって、ずっと使い続けてきた「らしさ」がないので寂しいのと同時に、時代の流れを痛感した次第です。先日のエントリーでも話ましたが、音楽とマックはこれからの新しいカテゴリーとしてどんどん普及するのは間違いない。でも、グラフィックデザインとマックという関係は差程変わらないように思える。けど、印刷とマックという部分ではまだ発展途上だろうし、どのように変化を遂げて行くのか楽しみな反面、不安も多い…。

デザインとマックの関係は、切っても切り離せないのは充分解ってはいるものの、コストパフォーマンスの悪さと、バージョンアップではないバージョンアップ。今までのモノが使えないというところをもう少し考えて欲しいなあと思いますね。人々の生活の中に「デジタル」が入ってより便利に、より楽しくというのは嬉しい。でも、やっぱりコンピュータなのに「アナログっぽい」というAppleの感覚は、もう存在しないということが何よりも悲しい…。時代の流れとして「現実」を受け止めるまでには、僕は時間が掛かりそうです。

2年後、3年後、10年後のAppleは一体どうなるの?という風に考えると、ワクワクはしてくるけど、結局はデジタルという擬似的なモノに人々はハマリ、便利なモノとして、当たり前の時代になるでしょう…。しかし、極端に言えば「人間をダメにしかねない」ということも考えると、何とか変えたい気もするのです。

デザインは人間が創るモノ。機械ごときに負けてたまるかっての…。


今週はクリスマス。皆さんにとって素敵で思い出深い日にしてくださいね!
雪が降りそうな気配もしています。くれぐれもお身体に気を付けて、元気におすごしください。

テーマ:Mac関連 - ジャンル:コンピュータ

デザインとコンピュータ

今日はちょっとのんびりしています。たまにはいいかなって感じで、間を空けてしまったブログですが、今月はあと何回エントリーできるのかな~。

さて、今日のお題は、「デザインとコンピュータ」で思った事をお話しましょう。もともとアナログデザインだったグラフィックも今やDTP化が進んで、それこそ「Mac」な環境での作業が当たり前になりました。僕はアップルが日本にやって来たばっかりの頃から使い始め、かれこれ15~6年前位かな…。OSXになった瞬間にUNIXベースに移行して、Winマシンとそんなに変わらないモノになってきた。さらには「ペンティアム」搭載になるのは目前。間違いなく不具合は出ると思うし、いろんな問題が起こりうるであろう今回の問題は、「開けてみなければ解らない」という事の方が僕のイメージとしては強い感じです。

このマック商法とも思える戦略は、ヘビーユーザーには辛い。動作環境を移行すれば、当然以前のソフトが使えなくなったり、フォントの問題もある。実際僕が今メインで使っているのは、Power Mac G4/Gigabit Dualで、OSも"9"最終版の9.2.2なんですけど、仕事的にはまだ大丈夫なんですが、というか、印刷業社もごく一部を除いてまだ対応しきれていないのが現状です。しかし、インターネット環境下では、いろいろ問題が出て来ました。実際のところおOS9のブラウザIEはバグだらけで、表示できないページがだいぶ出て来たようです。Webデザインも手掛けて行く以上、それはマズイ!と最近ではもう一台買うかあ~ってところまでになってきた。でも、もうすぐインテル版に移行だし…恐らく今売りのG5が狙い目なんでしょうが、う~ん…。設備投資かあー。

僕らの業界はともかく、音楽業界はさらに問題があるようで、例えばOS9環境でトラックダウン~マスタリングでレコーディングした音源もOSX環境のマシンで聴いてみると明らかに音が違うらしい…。さらには音楽系の打込みソフトやプラグイン、機材等、数百万円もの費用が掛かったにも関わらず、OSXには対応していないものが多く、いわゆる「全とっかえ」って、状態らしい。いつも思うんだけど、自分勝手なマックだなとつくづく思います。しかも、Winマシンと比べても価格も高いときている。なんとかなんないのって感じっスね。音源もレコードからCD、CDからMP3、そしてipod。これも音源としては、「劣化」も道を辿っている。こだわって作られた音源もそういうモノで聴くと薄っぺらで、非常に残念でならない。今後は音楽制作もいろいろ大変な時代になると言えますね。

pc_crash.jpg

デザイン+PCという時代のこれからの課題は、どのようにそれを使うかという「使い方」にあると思う。新しい機種を追い掛ける経済力があれば別だが、自分マシンを造って行くしかないのかなと思ったりもしている。やっぱり「改造」かな…。実際僕のマシンも内臓ハードも40Gから160Gに増設し、メモリも512MB(最大まで上げるつもり)、CPUアクセラレータも購入してほとんど良い状態なんだけど、あとは、ネットの問題だけか…。ここFC2のブログでも、表示されないページは結構ある。ブラウザの問題が一番大きいのだろうけど、必要にかられて来た感じだなー…。まっ、近い将来、Webデザイン専用マシンとして購入を考えなくてはいけない時代になってきたなと、つくづく感じています。

今年もあともう少しです。くれぐれも慎重に、ゆっくり慌てず、おすごし下さい。

※追伸:お酒も程々に、飲み過ぎには注意しましょう!

テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

クリスマス色

xmas.jpg

こんにちは。今の季節はクリスマスのイルミネーションやクリスマスソングが聞こえて来るちょっとワクワクする時期ですね。皆さんはいかがおすごしですか?

さて、街中を歩いていて思ったこと。それはクリスマスのイルミネーションの今年の流行はブルーということらしい。色としてはキレイなんだけど、僕にはなんか寒々しい気がしてなりません。賑やかさもなく、冷たいイメージなので楽しいクリスマスのイメージがありません。淋しいです。どこからそうなったかは解りませんが、クリスマスといったら赤やオレンジ、グリーンといった暖かい暖色系の色が主流でした。ブルーは全く逆の感情効果があると思います。この色の感情効果とは、様々な色と配色の持っているある種、イメージを喚起する性質のことなのですが、その基本にあるのは、明暗の違い。自然光や人工的な光がなければ色そのものは存在しません。要は「色のある世界は素晴らしい」ということ。

例えば、街中を歩いていてお店に足を踏み入れた時、通りを歩く人達を眺める時、渋滞した車の中から沿道の看板を見上げる時、まず目に飛び込んで来るのは色です。その色は人々の注意を引き付け、楽しい気分にしてくれたり、刺激を与えてくれる。色には人間の感情をコントロールする力があるということを前提に言えば、今年のブルーカラーのイルミネーションは、冷たく、寒い、悲しい。という色です。

色には何かを連想させる強い力があって、モノクロで表示されたブランドロゴでも見た瞬間に本来の色使いが思い浮かぶ。例えば、コカコーラという字を見れば赤でし、マツモトキヨシやロフトは黄色と黒、東急ハンズはグリーンといように、自然と想像しながらイメージが浮かんで来る。それは、ブランドとしての存在感と繋がっている。色のイメージは、見る人によって千差万別ではあるけれど、基本的なカラーを見て思うイメージはそう変わらないと思います。クリスマスと言ったら赤と緑。決してブルーではないと…

先程のコカコーラの赤もクリスマスのカラーから誕生したということを聞いたことがある。そして赤と緑の配色には、ちゃんと意味があるということも…。色相学では「安心と愛情」とかの意味があるそうです。確か…。極端に言えば、緑の服を好む人は愛情に飢えているという話を聞いたことがある。変な言い方でいえば、そういう女性を軟派すると引っ掛かる確立も高いらしい…。試したことはありませんが(笑)

このように、色には心理的な効果も働く力もある。例えば、家の中にある色は、人をリラックスさせたり、会話を弾ませたりといった効果があると言われています。そこには色に反応する感情的なものが存在しています。また、人々の着ている服の色で想像してみると、顧客サービスの方が白い服の場合と黒い服の場合、話し掛ける心構えが変わってくるハズです。それと、ブルー系のネクタイをしている医者とハデなオレンジ系のネクタイをしている医者とではどちらに安心感を覚えるでしょうか?

と、このように色の心理・感情効果を考えながらデザインというものは成り立っている部分がたくさんあります。使う色によって安心感を与えたり、逆に不安にさせたり、色に「良し悪し」はないけど、正しい選択がコミュニケーションのおいてもその効果は発揮できると思います。それは、ファッションだけではなく、インテリアやプロダクトデザイン、店舗環境でもとても重要になってくるはずです。

今年のイルミネーションのブルーを見て、いろいろ考えてしまった僕ですが、やっぱりクリスマスは赤と緑。たのしいイルミネーションが人々には必要なんではないかと思いました。皆さんはどうですか?

テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

文字の未来…

こんばんは。相変わらず驚異的な忙しさ…。ブログのエントリーもなんだか疎かな感じです。まっ、自分のペースでやっていくので宜しくお願いします。

さて、今日のお題は、久々にデザイン分野での専門的なお話をします。ここ数日で作業の傍ら「文字」についていろいろ考えながら過ごしておりましたが、グラフィックデザインにおいて「文字」は非常に大事な部分。んで、じゃあ具体的にはどういうこと?って思う人のために、ややうんちくめいたところで進めますね。

まず、文字は長い長い歴史の中で、「情報の伝達」、「記録する」という役割を果たしてきました。現在でもその働きは受け継がれていますが、実は「表現」の点においては大きく変化し続けています。デザインや美術の分野での価値観が変化し、今で言うタイポグラフィーへと表現のスタイルは変わりました。この文字の役割を考えてみると、まず、情報の受け手に対して効果的に伝達することが求められます。そこには、具体的な内容を客観的に伝達するサインや標識のような可読性を重視したタイプや企業のロゴマークのようなイメージを強調してシンボルマークとして伝達する情報とがあります。どちらにしても、その目的を明確にすることでコミュニケーションを円滑に進める大事な役割を果たしています。

では「文字の基本」はなんでしょう?僕が思うに基本は「本」ではないかと思います。仮にサイン等の標識や公園の案内板にしても、人々を安全に移動させたり、目的地まで迷うことなく誘導するという遠くからでも読める、読みやすいというサインとして機能しています。それと同様に「本」の文章も可読性と見やすさが重要で、文字を使った情報の伝達手段が非常に明確です。読んで内容を理解したり、タイトルや見出し、キャプション等、「本」は文字表現の基本中の基本ではないかと思います。(ん~難しくなってきた…)

デザインのおいての「文字」は、可読性や見やすさはもちろんですが、以前は文字によってイメージを伝えたり表現することはあまり重要視されていない時代もありました…。文字+デザインという情報の伝達手段として写真やイラスト、さらには映像というビジュアルを組合わせることで現在の広告に多く見られるように、個性的でインパクトの強いモノが完成して行きます。要は、客観的な内容とイメージを強調する部分をしっかり分類すればイメージも情報も明確に伝わるハズ…。

santa.jpg

さらに、最近ではインターネットや携帯電話の普及によって今までの情報伝達の中心だった「紙媒体」も押されぎみで、ネットワークを使った情報の入手、発信が急速に進んでいます。そして、「文字」の表現方法も変化し続けています。短時間に一度に多くの人に情報の伝達ができる便利なツールの1つとなりました。メディアを使うということで、情報の簡略化も可能になって、ますますスピードが求められるようになって来ましたね…。いいんだか、悪いんだか。


交通や環境をはじめ、商品や流行は物スゴイスピードで変わっていく今の時代には、「文字の表現」も多くの人に、しかも瞬時に内容を理解させることがこれからの重要な課題といえるでしょう。きっと新しい文字の伝達方法が生まれるに違いないと僕は確信しています。

そして、デザイン+文字=人間性と心。そんな時代だからこそ、一番重要なコンセプトはコレに尽きると思う今日この頃です。

ますます寒い日が続きますので、皆さんも暖かくしてゆっくりお過ごしください。
それでは、また。

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

師走全開

shiwasu.jpg

作業がやってもやっても終わりません。でもあともう少しって感じです。ブログも少々間を空けてしまいがち。見に来た方々、ごめんなさい。エントリーがなくて…。

現状の作業では、年賀状のデザインも8点のうち残す所あと1点。その他は最終校正と印刷の手配準備中なので終わったも同然です。最後に残したのは毎年シリーズにもなっている「イラスト」なので、他をできるだけ早く片付けてから作業に取り掛かる予定。似顔絵のイラストなので、集中する必要があります。そして下書きを一気に仕上げて、着色へと進んで行きます。その前に、不動産会社のDM(4本)も、デザインは全て提出し、先方からのチェック待ち。スポットで入って来た「ロゴデザイン」も今日先方に提出し、OKがでました。あとは名刺に落し込んで印刷の手配。楽勝です!って1週間にものすごいペースで仕上げてしまった。自分でもビックリです。その他、先週の土曜に原稿が入って来た「独立開業支援」のパンフレットがあり、それもなんとか今週中にラフ出しをしなければ行けません。でも、まだなにもやってないっす。大丈夫か?Sei2…

確実に去年より忙しい状態で、うれしい悲鳴だけど、忙しすぎるのもどうかと思います。それこそ今の時期は友達と呑みに行ったり、いろんな人と交流したいのですが、しょうがないのです。僕がやらなければ先に進まないのですから…。人と会うのはとても大事なことだと思っています。誰にも会わず、こもりっきりは世界観を小さくしてしまうと思うし、忙しい中でも時間を作るのは自分ですよね。だから「時間がない」ではなく、「時間は自分で作る」のだって頑張っているつもり。時間がないと思うとストレスにもなっちゃうし、楽しい気分を保つのが秘訣かもしれません。

先週も打合せでお会いした社長さんから、いつまで忙しいの?なんて聞かれて、「当分は忙しくて、先週は1週間の睡眠時間は4時間です。」とか話してビックリされてました。でも、「楽しんでいるので、大丈夫です!」って言ったら、「あ~なるほどね」と…。人は忙しいと思うと嫌になったりしてしまうもの。言葉では「忙しい」というのが相応しんだけど、僕はちょっと違うかなって感じですね。もちろん、身体のことも心配だけど、僕が選んだ「この世の修行」なのですから、突っ走るしかありません。そして、何かに夢中になって作っている自分が本当の自分。素直にもなれます。人にも優しくなれます。いろんな意味で「仕事が楽しい」と思うことはメリットがたくさんあります。これも人それぞれ、考え方や価値観だとは思いますが、プラス思考になることが大事だと思います。


師走のこの時期、みなさんもきっと超忙しいことでしょう。街も駅もみんなとても忙しそうに見える気がします。くれぐれも無理せず、お酒も程々にして充実した締めくくりの12月をお過ごし下さい。

テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。