2012-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝日の週

ごきげんいかがですか?Sei2です。なんだか久しぶりの投稿ですごく新鮮な気分。復活してからついついまた書き込みしたくなったしだいです。今日は秋分の日の祝日でお仕事お休みの方もそうでない方もお疲れ様です。今週は短い週でしたけどどんな一週間でしたか?

さてさて、先日の祝日は敬老の日でしたが、そもそもこの祝日は敬老の日兵庫県は多可郡野間谷村村長ともう一人の助役によって1947年頃に提唱した「としよりの日」が始まりとされています。これは「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」と、農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老の会を開いていたらしいです。これが1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、のちに全国に広がった。とされています。その後「としより」という表現は良くないということで1964年頃「老人の日」と改称され、翌年には野間谷村からの政府への繰り返しの働きかけで、国民の祝日「敬老の日」になったのだそう…。また「こどもの日」や「成人の日」があるのに「敬老の日」がないのはおかしいとの声も多くこれをキッカケに全国へと広まったとされています。一つの村の村長らが始めた「敬老の会」によって今では「おじいちゃん、おばあちゃんに感謝して」息子や孫達が手紙を書いたり、贈りものをしたり、日本人らしい風習が根付いています。ただ気になるのは高齢化社会が進み、これから先「こどもの日」も「成人の日」も無くなるような気がするのは僕だけしょうか…。そう言えばここ数日でようやく秋らしく過ごしやすい日が多くなってきました。それもそのはずで今日は「秋分の日」。この祝日もまた古くからある代表的な祝日で、毎年"9月23日"頃。秋分の日は、1948年(昭和23年)に公布・施行された国民の祝日に関する法律によって制定されました。またその同法第2条によれば、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としている。そう考えると「敬老の日」と「秋分の日」は非常に繋がりがあり、いわゆる「シルバーウィーク」の誕生である。まぁ、プチGWって感じでしょうか…。

という訳で、割りと間を空けずに更新しましたが、あまり「デザイン」だけにとらわれず、適当に進めていきますのでこれからもどうぞよろしく。素敵な週末をお過ごし下さいね。では、また(Sei2)
スポンサーサイト

テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

お久でございます。

すでに3年近くもの時間が過ぎ「あっという間」の言葉通り、1年1年、1日1日の日々に感謝しながらとりあえずは健康で過ごしておりました。ご無沙汰しております。そして更新もないこんなブログにもちょこちょこ見に来ている方々がいらっしゃる…。本当に感謝です。さてさて、僕は元気です。皆さんお変わりありませんか?この3年もの間、デザイン業界の“ヘリ”を歩きながら時代の流れに負けそうで負けない日々。なんとか会社は現存はしているものの厳しい現実と戦っております。何度も言いますが、元気です。皆さんもきっと元気かと思っております。そう祈っています。
で、話せば長〜くなりますが、この数年間、仕事の変化だけでなくプライベートも含めその変動たるやハンパない状況…。例えば、2003年に設立した会社も目黒区中目黒のビル屋上から一時渋谷区(自宅)に引越し、そしてさらに数ヶ月後には埼玉県さいたま市へと事務所兼自宅を移し現在に至っています。新しい環境にはだいぶ慣れもしましたが、やっぱり東京との物価の違いや、物事での価値観の差…。さらには業界の温度差みたいなモノの違いには些かカルチャーショックを受けたりもして、まぁそれも勉強、日々修行!等と前向きさは以前と変わりませんけどね…。

本当にいろんな事がありました。一番記憶に新しいのは忘れてはいけない「3.11 東北大震災」…。様々な事件、事故。政権交代に企業の合併や倒産…。いじめや自殺…。大好きな家族や知人の死…。離婚(汗)…などなど、生きていると本当にいろんな事があります。でもそんな人生でも楽しいと思いながら前に進む。ちゃんと明日は来ます。間違いなく…。そしてそして、新しい出会いもありました。新しい家族と僕にも子どもができました。子どもは楽しくて素晴らしいものだと本当に知りました。新しい仕事も始めました(Wワークですけど…)。二足の草蛙の大変さも知りました。まだまだ、まだまだたくさんお知らせしたい事がありますが、とりあえずは「復活準備号」とでも言いましょうか?…

今回からどれだけのペースで更新できるかは解りませんが、完全復活を目指してちょこちょこアップして行きますので、これからも宜しくお願いします。そしていつもありがとうございます。(sei2)

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。