2013-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動会というイベント

去年も確か午後からの雨で中止になった気がする「小学校の運動会」。今年も台風の影響であえなく中止。そして来週の火曜日に延期となってしまった。息子は朝起きて涙まで流し悔しがってた。それだけ子ども達の中では大イベント。とりあえずはいつも通り学校へ登校し、教室でお弁当を食べて帰って来たのだが、テンションは低めで複雑なんだろう。

僕が小さい頃、いろいろ思い出してみると「運動会は晴天」という記憶しかない。風もなくカンカン照りで暑い記憶…。徒競走やリレーで誰かが転ぶと砂ぼこりが白く舞い上がって、声援と太陽のキラキラした感じがずっと続いていくような感覚が蘇ってくる、そんな運動会…。中学校の頃は運動会というより「球技大会」の記憶が色濃く残っている。確かバスケットだったのか、当時の仲間達は平気で反則をして退場をくらっていたのを思い出す。

社会人になってからはそんな運動会に参加するという事もなくなり、それこそ10年後、20年後あたりに結婚して子どもができて、初めて親として見て参加して…。そして、僕のように自分が子どもだった頃の運動会を思い出す。一瞬にしてまるでタイムマシーンにでも乗ってしまったかのように、はっきり思い出してくる運動会。これはきっと親子代々受け継がれて行くイベントなんだと思う。この運動会をちょっと調べてみると、まず学校運動会の目的は協力・調和・連帯感・団結力などを養う点にあるとされています。また、運動会の起源はヨーロッパにあるとされ、欧米では体育及びスポーツの分化により、一方では特定種目の競技会やそれを複合させたスポーツ競技会、一undoukai.jpg方で子どもによる伝統的な遊戯まつりやピクニック会などへとつながって今日に至ってます。そのため、日本の運動会のように参加者が一定のプログラムについて順次全体としてまとまりながら競技・演技を行う形式の体育的行事は「近代日本独特の体育的行事」といわれています。なるほど日本ならではの行事の一つだと。さらには、運動会が日本で行われだしたのは明治時代。当初、運動会は「競闘遊戯会」、「体操会」、「体育大会」などと呼ばれていたらしい。

日本で最初に行われた運動会は定説によれば、1874年3月21日、海軍兵学校で行われた競闘遊戯会であるとされている。ただし、1868年に幕府の横須賀製鉄所において技術者・職工らによって行われたものが最初であるとする説もある。(Wikipedia調べ)いずれにしても今から140年もの前から運動会は行なわれていたことになる。ものすごい歴史の持ち主なんですね、運動会って。

という訳で、今日は「運動会」について、なんとなく思うところを書き綴ってみました。世のお父さん達もついつい子ども達の運動会で張り切ってしまいますが、毎年けが人も出ているようなので、くれぐれも無理をしないよう気をつけて下さいね。それでは、また。


スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

いま一番観たい映画

いつもまにやら季節は本格的な秋。特に衣替えをしない僕にとって夏の時期でも洋服ダンスにかかったジャケットをおもむろに着だす。そんな時、自分でスイッチを切り替えるように「頭の中で衣替え」をしています。どうやら僕はいつもいろんな事を考えているようで、なにも考えていないのはたぶん、寝ている時だけ。どこかへ出かける時もバイクに乗って走っている時もいつも頭の中で何かを考えている。そしていつも「お金」のこともつねに考えていてこの数ヶ月はイメージしていることが多いかもしれません。この先「デザイン」だけで生きて行けるのだろうか?仕事は継続してくるのだろうか?等、あんまり考えたくないけど「お金」のことは大切な事。妻がいて子どもが二人いて…。この先の不安は時に荒波のようにぐるぐるする。

今から10年程前にデザイン会社を立ち上げ、設立5年間ぐらいは順調でかなり利益も出て利益率も50%以上の時もあった。それから比べると今は信じられないようなぐらい仕事量は減った。仕入れ業者もいくつかは倒産したりもある。そんな現実の中でもなんとかしがみついて「デザイン」に執着している自分…。いっそのこと足を濯って生活の安定のために “まっとうな” 仕事に就いた方が良いのかもしれません。最近はそんなことばかり考えてしまう。と、難しいお話はこのへんで…。

ところで、今回の「いま一番観たい映画」そして父になるというお題ですが、やはり最近話題にもなっている是枝裕和監督作品の『そして父になる』である。ビジネスマンの野々宮良多(福山雅治)はある日、6歳になる息子・慶多が実は、出生時に病院内で取り違えられた他人の子供だったことを知る。妻のみどり(尾野真千子)共々大きなショックを受けた良多は、重大な決断を下さなければならない事に苦悩しながらも、取り違えの相手である斎木夫妻(リリー・フランキー/真木よう子)との交流を通して成長していくって物語。ちなみに、是枝が同作品に感動したという「スティーヴン・スピルバーグ」とロサンゼルスで対談した結果、米映画会社のドリームワークスでリメイクされることが決定というニュースでも話題になっていますよね。

ただしこの映画を観に行くには我が家の子ども達には難しすぎるので「おばあちゃんち」に預けて観に行くようかなと…。本日「映画の日」で観に行きたいところだけど、平日でちょっと難しそうだ。とにかくこの映画の「最後」はどうなるのかが気になって仕方がない。映画タイトルの「そして父になる」という言葉の中に、何か深いものを感じるし、自分に置き換えてみて、いくら自分の子どもじゃないと解ったとしても6年間も一緒にいて我が子として育てて来た訳だから…。悩みはするけど僕だったら今までのままその子の父として暮らし続けると思う。そしてもう一人、血の繋がった子どもがいる事を喜びながら生きてくと思う。みなさんはどう思いますか?

という訳で、今回は「映画」というテーマで投稿してみました。また、観てからの感想もアップしますので楽しみに待っていてくださいね。いやぁ〜映画って劇場で観るべきですよね?
それでは、またお会いしましょう。


テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。