2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページもの

overwork.jpg

久々にページ物の5社競合プレゼンの依頼が来ました。内容は不動産の情報誌なんですが、僕の場合DTPソフトを使わず(っていうか必要ないので持っていないのだが)イラレのみで作ることになります。ページ数は24ページ。当然のように「採りに行く」訳で、決まったも同然のごとく、自分のモチベーションを上げて行くことになります。普通なら「クォーク」や「In Design」等を使って作成するんだろうけど、ないので仕方がない。というか全然平気って思っています。何十年もデザインの仕事をしていると、ソフトは道具という感覚が強いのでなんとかなっちゃうものです。きっとDTPソフトを使えば時間も短縮できたり、便利だったり…。でも、僕の場合、デザインやレイアウト以外にもコピーライトも自分で行なってしまうので、逆にそういうソフトでは反って時間が掛かるのです。というかそういう気がします。

ある程度は手書きのラフを起こし、一気に全体のレイアウトを作って行く。そしてその場でコピーを作ったり、あらかじめ手書きで書いてあるコピーをダイレクトにイラレに打込んで行く作業。全体のカラーやイメージがそこにあることで、その世界観に合うべくしたコピーが浮かんで来たりする。このやり方は誰でもできるか?というとそうは上手くいかないと思いますが、これが実に作業が早い。特に8ページ、16ページの場合は予想以上に作業が楽で早くできる気がします。

しかし、今回は24ページ…。う~ん、どうなんだろうか?まあ同じ内容で24ページではないので3ページ特集や5ページ記事のような括りなのでまとめると大変そうだけど、部分的に区切って作ればなんとかなるって感じです。とりあえずプレゼン用のカンプ作りで全ページの仕上げではないので、大丈夫かなと…。

いろいろ聞いたりすると「ページもの」ってみんな大変だとか、面倒とか言って、ちょっと消極的な感じがしますけど、僕は結構好きで、その出来上がって行く過程が好きというか、回りとは違って結構楽しんでたりします…。各ページに自分の企画が落し込まれて行く過程はたまらないですね!もちろんページ数や内容にもよるんだけど、ペラものと比べるとヤリガイがあって、終わった時の達成感がナントも良い気分です。体力的にはヘトヘトだったりするけど、考え方1つで、全然モチベーションが変わるもんですよ。その気持ちは「作品作り」をするという考え方があるからかも知れません。

それに「面倒」って思う事って僕は凄くキライで、そう思った瞬間にやる気がなくなって、あ~もうどうでもいいや~みたいな…。そうなると良い仕事もできなくなるし、何と言っても「楽しくない」でしょ。何の仕事でもいっしょだと思うんだけど、いかに受けた仕事を楽しくこなして行くのか?という気持ち、モチベーションが大事なんですよ。

こんな僕でも「嫌な仕事」も、そりゃありますけど、そうなったらそうで気持ちを切り替えることで、そんなに嫌な事でもなく、なんとかこなせます。疲れるけどね。「嫌な仕事」って、その内容とかじゃなくて、担当者の発注の仕方だったり、そこに思いやりもなく自分勝手な発注とかですかね…。いま僕のお客さんにはそういう「嫌な奴」はいないけど、今までたくさんそういう人を見て来ました。なるべく思い出さないようにはしてるんだけど。それが逆に悔しいからかやる気が出て来たりします。それこそ名前が売れたデザイナーやディレクターなら自分でコントロールはできる立場だったりなので、それとは別の問題で悩まされるでしょうし…。その代わり自分の好きなようにできたりするものでしょうね。

面倒っていうことを形にしたり、解りやすく人々に知らせるという仕事がデザイナーであり、クリエーターと言える訳ですから、面倒を楽しいに変える心構えで明日もあさってもがんばりましょう!

という訳で、作業日誌がなんだかヘンテコになりましたが、まだまだ夜は冷えますのでくれぐれもお身体に気をつけて、もっとデザインを… なんてな。

sei2_link.gif
スポンサーサイト

テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。