2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい動きは自分で創る

new_genre.jpg

すんません。先週はプレゼンのお陰で命を注がせていただき、魂のプレゼンと相成りましたあ~。その分僕のブログもエントリーもなく…orz。せっかく見にきて頂いたのに更新もなく淋しい思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

さて、ようやく春もそこまで?なんて感じですが、いかがお過ごしでしょうか?一昨日はさすがに疲労困ぱいで久々に夜10時には会社を出て、家路へと帰らせていただきました。こういう時は、「あ~1人で仕事してて良かったな~」って自由な気分に浸っておりました…。そして昨日はとてもうれしい事がありました。それは、以前兄と三軒茶屋でデザイン会社を経営していた時、同じマンションだったアパレルメーカーさんからお電話を頂き、「販促物やら雑誌広告の今後」を考えて、諸々打ち合わせしたいとのことで、先方の会社(渋谷区神宮前)へ打ち合わせに行って来ました。何よりもうれしいのは、その担当の方がもう既に社内的に僕を紹介してくれていて、現実として紙媒体の販促ツールのデザインに係れそうなこと…。こういう時、やっぱりこの仕事をしてて本当に良かったな~って思います。そのご担当の方とはかれこれ15~6年のおつき合いで、そうやって思い出して僕を指名していただいたことに感謝しています。もちろん、お客さんにも思わず素直な自分の気持ちを言ってしまいましたが、本当にうれしいことで、ありがたいです。

そのクライアントになる予定のアパレルメーカーさんは、ジーンズをはじめ、ワークパンツからアウター等、かなりの商品アイテム数で、POPEYEやらNON-NO等でもイメージ広告展開をしています。今までもそれなりに予算をかけて様々な販促物を作っているようですが、一番の問題は、企業としての「費用対効果」と、メーカーの「ブランディング」をしっかり創るためのディレクションが必要ということ…、今後の方向性としては、他メーカーの中で「埋没」しないためのビジュアルイメージを確立し、その“ブランドらしさ”を露出することなのかなと、そんなお話を昨日はしてきました。でも、やっぱり昔から知っている方からのデザインのオファは、何よりも一番うれすい~いですね…。

今まで僕のしてきた仕事の中で、実は「アパレル」のデザインという部分は、そんなにないんだけど、基本的に僕の中では同じで、音楽ジャンルのCDジャケットで言えば、その人物を際だたせるためのデザイン…。アパレルはモデルに服を着せてその服の質感や着こなしを際だたせるための戦略。ピンポイントが変わるだけで、基本的なグラフィックの手法は変わらないのです。やっぱりデザインは、企業が外に向けた挑戦であり、いかに人々に認知されるか、いかにその服やCDを買って頂けるのか…、1つの世界観を創り、決して他とは違う強いビジュアルイメージを創ることに他ならないんだ!って僕は思っている。

そして、僕を選んでくれたその人に感謝しながら、プレッシャーも受け止めて、臆病な部分も残しつつ、モノ創りを楽しむ、遊ぶ…。これが僕のスタイルであり、現実に立ち向かう努力をすることが僕のデザインに対するモチベーション…。いろいろ考えなくてもお客さんが望む答えは必ず見つかるのです。悩んだらとりあえず全然違うことをする。つねに頭を柔らかくすることを意識すれば、どんどんアイディアも出てくると僕は思います。

「新しい動きは自分で創る」─ この「自分」とは、言い換えれば「デザイン」になるんだけど、決して自己満足にならず、お客さんと1つになり共に努力すること、創ることが成功するための基本です。みんなでしあわせになるためには、同じ気持ちでいっしょにデザインして創る。何はともあれ、それができるデザインの仕事ってやっぱりやめられないな~、なんて思う今日この頃です。人は独りでは生きていけなんだしね…。

それでは、また。お元気で♪

sei2_link.gif
スポンサーサイト

テーマ:成功をかなえる自分に向かって - ジャンル:ビジネス

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。