2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印刷見積の現実。

seifu_design.jpg

すっかりゆっくりペースになった「デザインの力」ブログですが、いかがお過ごしでしょうか?ここんとこ天気も不安定で気分がいまいち乗りません。ですがそんな中、作業は続くよ、どこまでも…。ありがたいなあと日々の仕事依頼に感謝です。

さて、ここ数年でデザインの仕事をしていると「印刷」まで受けるというディレクションが増えました。というより「企画・デザイン」の制作費はバブル崩壊後、ほとんど原価ということになっているので、それだけこなしてもちっとも儲けにならないというのが現状です。それこそ名前でも売れていれば1本の仕事でもそれなりに利益が見込めるという感じですが、現実問題としてそう世の中は甘くないのです。では、僕がいかに利益を少しでも上げて行くか?ってことを話すと、「印刷屋さん」の開拓…。最近ではCTPという流れで印刷が進められているようですが、インターネットの普及で地方の印刷屋さんが東京にだいぶ進出してきて、独自のFTPの技術を駆使して、地方でもすぐにデータ入稿ができるようになった。そしてそこには「価格競争」が凄まじいという現実…。いわゆる「激安系」とでもいうように、今までの印刷コストをでは考えられないような金額で営業している印刷会社も多いようです。

そこで僕のグラフィックデザインは、お客様から企画からデザイン、印刷まで。というように仕事を一式まとめて受ける体勢をとっています。それによって印刷コストを押さえ、すべてにおいて「良いデザイン」と「適正価格」を提案することが可能になった。そしていくらデザインが「原価」でも、印刷コスト部分で利益を出せるような対策を常に考えているのです。しかし、口で言うのは簡単で、印刷業者によっては安いのはいいものの、紙が選べないとか入稿データの注意点が多く、意外と手間はかかる…。さらには、そのような印刷屋さんの場合、いろんな企業やデザイン会社から入稿されたデータをまとめてつけ合わせして一気に印刷するという形がほとんどなので、つけ合わせられた写真や色によって、他の印刷物に影響が出て色が少し変わる場合もあるので注意は必要です。また、印刷屋さんによってはカラーバランスが一定していないところもあったりしていくら安いからといっても「使い分け」が非常に重要になってきます。クレームの対象になってしまうので自分なりの感覚で使い分けして双方の関係を築き、僕のシステムを組み立てています。僕の場合は、今までいろんな印刷屋に出してみて、危険を承知でその印刷屋さんととことん向き合うってこと…。やっぱり人と人の関わりによって「デザイン」は生まれていくのです。いい「仕入先の開拓」もデザイン制作には必要不可欠という訳です。

そんな中、今関わっている仕事で些かバブリーな企画の話が舞い込んで来た。先方の希望からかなり豪華なパンフレットになりそうだが、体裁はA4判の横使いで表紙は特殊な厚手の紙に銀箔のホットスタンプ仕様…。中面はマットコートを使いオールカラー+水性のマットニスを使った5色印刷になりそうです。部数は1,000部。解る人にはその体裁の豪華さが解ると思いますが、単純に考えても「激安系印刷」では限界がある。ほとんどがパック商品の展開で紙も1種類だったり、ましてや箔押しとかマットニスなんて使えるはずもない…。さて困ったってな訳で、東京にある長年付き合いのある美術系印刷を得意とする印刷屋さんに「見積り依頼」してみたんだけど、トータルで約70万円という金額でした。本来ならそのぐらいは掛かる代物ではあるけど、何せこの世の中、デフレスパイラルの激しい時にそんな広告予算もないのが現状です。で、他の印刷屋さんの中で1社だけそんな特殊な印刷を請け負うとこがあり、試しに見積をとってみた…。すると東京の印刷価格の約半値…!って思わず「なんなのこの差は!」って叫んでしまったのは言う間でもない。

何が適正なのかまったく解らなくなった今回の「印刷見積の現実」は、僕にとって大きな事件でもあり、下手したらこの印刷を受けただけで利益が30万以上ってことの、なんとも不思議とも言える価格差に驚かされ「ヤクザな商売」だなと…。そんな一週間でした。僕の仕事上の得策なので印刷業者をお教えすることはできませんが、そんな印刷業者の開拓は、デザインを続けていくためには非常に重要なファクターであり、「正負の法則?」なのではないかと痛感した次第です。

ってな訳で、利益を出すのもアイディア次第なんだと思う今日この頃…。ますますデザインの奥深さを見直しながら、生き残るための手段は自分で見つけるのだってこと…。積極的に、そして貪欲に印刷業者の開拓を続けて行きます。それがいい結果を作るとそう信じて…。なんてな。 それでは、またお会いしましょう♪

sei2_link.gif

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。