2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勇気と決断。

yuuki_ketsudan.jpg

暑い、暑い…、雷、雨、そして台風…。これが夏なんだと再認識しながら今日のお題目は、「何かを始める」ための勇気と決断についてお話しましょう。趣味でも仕事でも、そして結婚でも人はその時々で勇気と決断が必要な時があります。これは後に自分に反って来る訳なんだけど、実は自分に反ってくると解っている人は意外と少ない。自分の事ばかり言っているのに実は考えていない。へんな矛盾を感じる事が僕はよくある。なぜ?でしょうか…。そこには「自分を見失っている」からだと僕は思うのです。自分が解らないから自分のことを守りたい。そんな気持ちの一心で人はそんな風になってしまう。仕事をしていても自分の時間尺度から物事を考え、そして行動する。よく「忙しいから」、「時間がないから」なんて当たり前のように話したりしている人がいます。でもよくよく考えてみると「仕事をしているんだから忙しいのは当たり前」だし、暇な仕事なんて仕事じゃない。そして「時間がない」は自分でそう決めているに過ぎないと思う。時間も自分で作れば幾らでも、どうにでもなったりします。この時間の使い方が上手い人が本当の意味でデキる人?かな。

僕はここ数週間でいろんな事を考えました。その理由の1つとして7月24日の「大切な人の死」。その人の人生をいろいろ想像したりしていると「自分はそういう時、何を思い、考えるのだろう…」。死ぬ時は自分以外の人の事をちゃんと考えられるだろうか…。そしてその大切な人は死への決断をどんなタイミングでしたのだろうか…、等と考えてしまった1週間です。死ぬ事も医者が決める事じゃなく、家族もまたその人の死を決める事はできない。結局自分自身があの世に向うための覚悟や決断をして始めて逝くことの重さや尊さを噛み締める…、なんて僕はそんな風に思った。そして人は「運命」なんて言葉をよく使う…。そうなるのが運命だ、とか、運命的な出会い、とかとか。あたかも向こうからきたように言ってしまうけど、実はこれも自分でそこに向っていた。ということに気づかないでいたりする。「運命」という字をよく見てみると「運ぶ命」と書いてあります。そうです、自分でそうなるように気持ちもモチベーションもすべて「そこに」向っていたのは自分でした。なのですよね。なんだか難しい話になってしまったけれど、要は「運命は変えられる」ということ…。大きく大げさに考えるのではなくちょっとした出会いや仕事の流れも全部自分が関わってきたから起きる事なんですよね。逆に「宿命」という言葉は「宿る命」。これは間違いなく自分ではなく必然的に起る既に決められた現実。自分ではどうにも変えられないような事実が存在する事を意味します。

勇気と決断。その言葉の意味は、自分のやるべき方向性を決めながら、いい人生のための最も重要な決断。それによって自分に関わってくる人や仕事が「運命のように」動きながらやってくる。という感じですかね。そして、僕の座右の銘でもある「この世は修行」。全てはここに尽きるような気もしてくる。何かをする時、何かを創る時、何かを始める時…。そこから何かが始まり運命を創っていく…。仕事も恋愛も全て自分が仕向けた運命そのもの…。そして、この仕事も「人と関わり何かを一緒にする事」だと僕は思う。そう考えれば仕事が嫌だなんて気持ちはありえない。そんな気がする。

今回はデザインとは違う観点から書いてみましたが、たまにはこんな話も誰かのためになるのかなと…。でも、僕の中ではぜ~んぶ同じ、1つなんだと考えています。日々精進、そして「この世は修行」なのだから。いいあの世に向って僕は走り続けますよ。なんてカッコ良すぎですかね(笑)それでは、また。まだまだ暑い日が続いています。皆さんもちゃんと水分補給してお仕事にお遊び、頑張って下さい。今年も残すところあと4ヶ月なんだなぁ~。
という訳で、遅ればせながら、残暑お見舞い申し上げます。

sei2_link.gif
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。