2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分ブランド

なかなかエントリーする時間がありません。とはいえ思うこと、伝えたいことは沢山あったりして…。とりあえず3月に入ってから一度もエントリーしていなかったことに気づいた次第です…(汗)。いつも見に来てくれている方々、ごめんなさい。

さてさて、ここ数ヶ月FC2の共有テンプレをお借りしてたのですが、このブログには僕のオフィシャルサイトからのアクセスも結構あるようで、できるだけイメージを統一した方がいいと兼ねてから思っていたので少しづつ仕事の合間をぬってちまちまとカスタマイズしておりました。いちおうは自分もそして会社もブランディングし始めたと言う感じです。特に会社案内とかは作ってないので名刺とか季節の案内ハガキとかHPとかはできるだけイメージの統一は意識しておりますが。でブログもなんとかイメージを統一したかったので、次のエントリーに合わせてリニューアルしようと…。そんなこんなで疎かになってました。まぁ時間がなかったと言えばそれまでだけど、何とか仕事仲間にアドバイスを受けつつ完成と相成りました。それと、今まではテーマに沿った写真探しも意外と大変で、とくに忙しい中で探すのは当然更新も遅れて…。なので写真が必要な場合は掲載しますが、基本的に文字要素中心でエントリーとさせていただきます。今後とも宜しくごひいきに。

それにしても少し前では当たり前だったテーブル組のサイト作りに比べ、CSSってのはもはやプログラマー的な感じで切った貼ったのアナログデザイン人間の僕にはいささか?マークがたくさん出まくり。見た目でバランスをとってササッとは行かない歯がゆさもあったりして、つくづく僕には向いてないなぁなんて思いつつとても勉強になったこの2~3週間でありました。でも、ここまで来て思うのは確かにテーブル組に比べると言語の違いがややあるものの、理解をしていれば簡単かつ更新が楽なんだなと思います。ただ今までのテーブルを覚えた後でこの「CSS」というのは1から始めることになり概念そのものを理解する必要がありますよね。あとはやっぱりこういう仕組みを一番最初に考えた人…、素晴らしいと思います。理数系が全くダメな僕にとっては何とも未知の世界。それと同時に人間の能力の素晴らしさまでも痛感した次第です。世のWEDデザイナー諸君、これからも頑張って下さいまし(笑)。

そうそう話は変わりますが、皆さんは教育テレビの「ピタゴラスイッチ」という番組をご存知だろうか…。その番組の中で、慶應義塾大の教授を含む制作チームで作っている「ピタゴラ装置」なるものが紹介されています。たまたま友達からDVDをもらって見たのですが、そりゃもう感動モンです。単純なカラクリで1つのビー玉が転がりながら連鎖してスイッチを入れて行くんだけど、ドミノのような単純な動きではなくて、ちゃんといろんなモノが協力し合って完結する装置なのです。分りやすく言うと朝目覚ましがなったと同時にヒモが上がって仕掛けてあったたまごが転がって自動で目玉焼きを作る…、みたいな感じかな。しかもその装置に使っているパーツはほとんどが日常に転がっていそうなものばかりってとこも何だか楽しくて関心する。フライパンとかレンゲとかガムテープとかとか…。また、それぞれにその装置のタイトルがあってそれもまたいい。「我が道を行く」なんてタイトルもあったりします。たかが教育テレビって侮るなかれ、真剣に大人達が子ども達とそのおとうさん、おかあさんに伝えようとしている「楽しいオモチャ作り」。いつの間にか忘れさられてしまいそうな「夏休みの宿題感覚」は実に素晴らしいと思いました。みなさんも機会があったらぜひ見て下さい。モノ創りってこういうことをいうんだなって、きっと思うハズですから。僕の場合は、人の人生みたいに見えてしかたがなかったけどね(笑)

ってな訳で、久々のエントリーでようやく自分のコトもちゃんとしないとねと思える今日この頃。みなさんはどうしてますか?お仕事楽しんでますか?いろいろどうせやらなきゃいけないんだから楽しみましょうよ。それが大事なのです。それでは、またお会いいたしましょう。

sei2_link.gif

スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。