2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人として大人として…

ここ最近は天気は良いものの、北風も吹いたりしてまだ寒いですね。みなさんはいかがお過ごしでしょうか?風邪などひいてませんか?僕はというと忙しい人がなりやすい皮膚病になったりしていますがとりあえず元気で前向きに日々過ごしています。

さて、今日のお話はタイトル通り「人として」のモラルについて想うことなど書き綴ってみます。いきなり不躾な質問ですが、みなさんは自分が買ったものや誰かにお願いして作ってもらった時、それに対する「お金=報酬」はもちろんちゃんと支払う筈…ですよね。僕の仕事もお客様の要望をお聞きしてコンセプトを作り、デザインワークで仕上げます。そしてお客様からその「お金」を頂戴しお互いの信頼を築いて行く訳ですが、大の大人がその見返りの支払いをしない場合があるのです。まさに僕は今、その境地に立っている状況。見積もりを出し、金額の確認までしたのにです。額もそれなりに大きいので会社としてのヤリクリは大変です。まぁそのお客さんは「払わない」のではなく「払えない」状況でお店も閉店になる始末(泣)…。お店とはとある飲食店なんですが、ロゴマークを作り看板のデザインを手掛け、お店のコンセプトに合わせながらすべてオリジナルのモノを作り上げました。去年の10月末の請求で未だ入金はありません。お店の事情は判るけどそれとこれとは話が違う。依頼する側は自分を犠牲にしてでも作った人に対して「支払う」というのが筋な訳で、人として社会人としてのモラルだと思うのです。ビジネスライクで言えばお金=信用。人間不信にもなりそうな位、辛く悲しい出来事です。どうしてそんな事ができるのでしょう?サラ金、ヤミ金の世界のような踏み倒しがどうしてできるのでしょうかね…。残念でなりません。もちろん、法外な金額を請求している訳ではなく、何がどうしてって感じです。とほほ…

その現実には、依頼側の生活もきっと大変で自分の事で精一杯…。だから払わなくていい?という発想自体、僕には信じがたい。そういう人がいること自体許せないのです。何だか今回の内容は僕の愚痴になってしまってますが、誰かに言いたくて仕方がない状況です。さらに許せないのは連絡を貰えないということ…。しかしながら間に入っている会社の社長さんは事の重大さにいろいろ対応をしてくれています。それが何よりも救いにはなっているので時間は掛かりそうですが回収する事はできるでしょう…。そう願っています。

その1つの行為で人は信用を失い、誰からも愛されない状況を自分で作ってしまう。全てはその本人、自分のせいな訳で…。とにかく悲しい現実を痛感しているのです。人としてのモラルは社会の中にもたくさんあります。様々な事件も事の発端はみな同じ。想像力の欠如と思いやりの無さ。それでも生きて行ける日本、そして世界…。そんな国でも平気でヤリ過ごせる平和な国…。って何か間違ってないかっ!って(怒)。はぁ~…orz
neet_img.jpg例えば、ある人は今のニート等を見て「何の生産性も感じない」と言いました。でも、それは一生その人がニートである筈がなく、その人の通過点。その経験がきっとその人にとって何かを変えさせるキッカケなんだと僕は思う。ってか、人間とはそれで終わる筈がないと思います。ニートよりタチが悪いのはお金のズルさや自分の事しか考えていない大人達。その人達の方がよっぽど問題ですよね。確信犯な訳ですから…。

仕事=お金+信用と信頼=成功。この仕組みは人間が永年生きている中で当たり前の事。そして守らなければ行けない事だと僕は思います。恐ろしいのは一瞬にしてその全てを失う事。金の切れ目が縁の切れ目などと人はよく口にします。しかし、ビジネスを通して縁の切れ目では済まされない現実。全く関係のない人達までも不幸の道連れなんて最低だと思います。ただし、僕はそのお客さんを恨んだり憎んだりはしません。ただひたすらに連絡を待っているだけです。もちろんサポートをしてくれている社長さんがいるからこそ、そんな気分でいられるのですがね…。いろいろありがとうございます。感謝、感謝です。

ということで、借りたものは返す、払うものは払う。そんな当たり前の事ができなくなって来た社会で、いかに自分と家族、仲間達を守って行くのかが最大のテーマ。何だかサバイバルな感じでモラルとマナーは何処へやらだけど、デザインの世界だけではなく、社会貢献とまではいかなくとも何とか変えようと思う今日この頃です。それではまたお逢いいたしましょう♪

sei2_link.gif
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。