2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージ戦略の在り方?

すっかり春陽気で風も清々しい今日この頃、いかがお過ごしですか?ここんとこ作業も落ち着き気味。とは言え、やる事がいろいろあってのんびりモードの中にも緊張感と焦りはいつも通りのSei2です。

さて、この4月は何か新しい事、新しい出会いがたくさんあって気持ちも新たに沸き上がってくる力を感じながらって感じですよね。お気づきの方もいると思いますが、少しテンプレを更新しました。ブログパーツなんかも取り入れたりして、こんなちょっとした事でも僕なりに「新しい気持ち」に浸っています。というか単純とも言いますが…。ページ上で音楽が流れるというのは実に心地良い。まぁFlashとか貼付けるとご覧になれない環境の方もいると思います。とりあえずマクロメディア・フラッシュプレーヤー8以上が必要になりますのでダウンロードをお勧めします。現状としてOS9でIE5.1以下の方からのアクセスは1%に近いので思い切って未対応とさせていただきました、すみません(汗)。とは言いつつも僕のデザインワークにおいては、未だにOS9環境を使っています。将来的にはバージョンアップをせざるおえないんでしょうが、何せソフトをはじめ高価なフォントも一式買い換えなければいけないのでよっぽどの事がない限りありえないというのが現状です。確かにハードやソフトを新しくすることでワクワクしたり、うれしくなったり…、そんな感覚は仕事にも良い影響を与えます。でも、やっぱりMacは高い、ソフトも高い…。儲かって余裕があれば導入したいところではあるけど、なかなかねぇ…。前置きが長くなりましたが、今回のお題は「広告とイメージ」をテーマにお話します。

pepsi01.jpg毎年4月は新しい変換の時期。各企業は新商品を出したり、イメージを一新したり目新しいCMでのイメージ広告も目白押し。そんな中で僕が気になったのは「ペプシコーラ・NEX」の広告。イメージキャラクターには知名度の高い3名(福山雅治・妻夫木聡・沢尻エリカ)を起用し、お洒落な感覚と主張の強さで若者向けの拡販を狙っています。特にカロリーオフの商品は競合会社のコカ・コーラでも今後同じような商品展開をして来ます。このコカ・コーラはアメリカ的なイメージを常に心掛けている反面、ペプシのイメージでは全く切り口が違うコンセプトですよね。以前ペプシは「ペプシマン」なるキャラクターを確立し、それなりに印象づけた広告展開でペプシマンを登場させ、ロングランのイメージキャラクターでした。2社共に同じ「コーラ」を主力商品とし、その商品差別化のイメージ作りはとても面白い。ペプシコーラを調べてみると意外にも歴史は古く、日本では1947年、米軍用として上陸したのがはじまりでした。一般販売の許可は下りず1957年にようやく販売開始。そして翌年に日本ペプシコーラ株式会社が誕生し、リターナブル瓶として一般家庭に普及したとされています。当時の販売価格は35円。その後1975年には低カロリーをコンセプトにした「ダイエットペプシ」が初めてお目見えし発売開始。1981年にはなんと競合メーカーと争うキャンペーン「ペプシ・チャレンジ」が勃発…。コカ・コーラとの比較試飲で2人に1人がペプシを選んだとされているらしpepsi02.jpgいです。ってか、もう1人はコカ・コーラを選んだの?で勝負は五分五分だったのかな(笑)…。右の写真は当時のキャンペーン広告ですが、「くらべて決めよう。あなたのコーラ。」なんて挑戦的かつ強気なキャッチコピーが妙に同意の上?って思えてくる。こうしてみると2社は常にお互いを意識しながら共に共存し、そして急成長を遂げたように思えます。今でもその差別化は続き、新商品は同時期ではあるけど広告とイメージの企画性は全く違うところに僕は広告の面白さがあると思う。

現代社会における各企業の広告は、さほど差もなく横一列だったり…。どれも没個性な感じ、狙いが見える判りやすいイメージが横行する中で、今回取り上げた「コーラ戦争」は、広告の在り方やイメージ戦略の面白さを消費者にさりげなく露出している。推測ですが、そこがとても興味深く面白い。両者比べる人もそんなにいないと思うが、コカ・コーラはアメリカの古き良き時代を現代に繋げ、映画のようなストーリーとファミリー層狙い、そして元気なイメージ。対しペプシコーラは、より日本人に合わせたリアルなイメージと流行。そしてポイントに絞った顧客ターゲット狙いでどちかかと言えば庶民的な戦略。それが逆に両者を見る側、僕らを楽しませてくれます。ライバルのようでそうではない、実は協力しあっている。そんな風にさえ見えてくる。国内メーカーの中でこんなにも1つの商品を対立させ、広告展開をしている企業はそんなに無いような気がします。企画の楽しさと遊び心の力。そして、同じ飲料の広告デザインでも全く結びつく事のない面白さや豊かさがあるんだと思いました。とは言え、対立してきた歴史は、「コーラ」という商品ならではなのかもしれませんね…。

ってな訳で、今回のエントリーでの意見はあくまでも僕の推測ではありますが、清涼飲料水の中でも広告戦略が奥深い今回のコーラのイメージなお話。それに対し同じように感じる「お茶」や「アイソトニック系」も、その位の対抗意識丸出しで見る人を楽しませて欲しいものです。いつか市場には没個性ではなくオリジナリティ溢れる商品ばかりになって、機能性もさることながら選ぶ人、使う人を楽しませてくれる広告と商品でいっぱいにして欲しい…、なんてね。それができればブランディングも簡単?だったりしてっ。それでは今日はこの辺で。

sei2_link.gif
FC2 BLOG RANKING
スポンサーサイト

テーマ:デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。