2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blogの中の宗教?

いやはや、しばらくエントリーもせずに申し訳ありません。作業に追われつつも自分のHPをちまちまリニューアルしておりました。お時間がある時にでもどうぞオフィシャルへお越しくださいませ。最近どうですか?皆さんお元気ですか?早いもので5月も後半です。まだまだ夜は涼しい日が続いてますので、くれぐれも寝冷えには気をつけてお過ごしください。今日は今まであまり話さなかった自分の事を少しだけ話そうと思います。

blog_manabe.jpgここ最近では「ブログ」という1つのツールによって、例えば書籍が誕生したり、ドラマの原作になったり…。はたまた「ブログの女王」からなるタレントさん達の日常日記が話題になっています。全体的に多いのは「日記的ブログ」というのが定着していますが、僕の場合は「読んでもらえるブログ」と言うところ、自分の…ではなく、このブログを訪れた方のため、とでも言うように内容にはこだわっています。「誰かのため」という見えない相手に向かって自分をプレゼンしている。という訳です。実はそうする事で自分に対して「言い聞かせている」という作者側の心情もあったりします。想いを巡らせ、カチカチを打ち込んでいると、自分がこれからどうしたいのか?どこへ目指して行くのかが少しずつ、見えてくる気がして、新しい発見もあったりします。なので逆に「日記」という行為では僕の思想は伝えられない気がして、自分をそこまでアゲられない。僕にとってブログを書くという行為は、「モチベーション」のバランスを図れるとても居心地の良い場所。気持ちが落ち着いている時に新しいエントリーをする場合が多いのも、きっとそうなのかなと…。ちなみに、ブログが流行する発端は「9.11同時多発テロ」という説がある。家族の安否を気遣い、連絡を取るための手段として使われたブログによって、人々の不安は解き放たれ、情報社会を駆使したまさにコミュニケーションツールだったのです。「誰かのため」の発信は、そこから始まったのです。

正直なところ、僕がブログを書いているのには、さらに大きな理由がある。それは「人との出会い」を信じているということ…。一方的に発信するのではなく、そこから何かが始まる、動く、という具合。じゃあ、コミュニティ(mixiとか…)でいいじゃん、って思うかもしれないけど、僕の中では全く概念が違う。専門的だから、という事はもちろんだけど、自分の想っている思想を人々に発表することで僕の人間性が一番伝えられると思うのです。特に僕の場合、仕事に対する気持ちや、そのプロセスの中には「素の自分」しかないのです。これは周りのスタッフにもよく言われる事なんだけど、人が何か自分の好きな仕事をする時、本当の自分を出したいっ、と素直になると思いませんか?もちろん見栄を張ったり、誤解を招いたりというのは付き物ですが、誰のために何のためにそうするのか…、と意識しながら前に進んで行くと、本当の自分が見えてきたりするものです。まさに僕がそれで「きっといい出会いがある」とか「ビジネスに繋がる」という事は常に理想としてある。更新もままならない状況でもそんな事を考えているのは事実なのです(汗)。流行とか虚勢とかではなく、仕事をしている僕はこういう人ですよ的な感覚。その素直な自分を出せるのはデザインの話と仕事への考え方…。そして、最終的には「人と人」に繋がって行ければと思っている。文章の中にある「言霊」という不思議な力を信じて、そこから発しているオーラのようなもので、人々に伝わっていければなと、思うのです。まるで「ソウル・メイト」を探すかのようにね。何だか、デザインの仕事も、僕のブログも宗教によく似ている。そんな気がして来る…。

タレントさん達がブログを立ち上げてアクセスが上がり、時には「炎上」するのは、既に認知度もあり、ある程度その人を知っているからこそ、“見たいっ知りたいっ”と思う心情が働いています。もちろん、そこにはオーディエンスという存在が大きく関わっているのは言うまでもない。認知度や好感度アップのためには、今や欠かせない道具なんだと思う。しかし、一般の人達がブログを立ち上げたところで同じような事は起こりません。タレントさんとは全く違う状況がごく一般的なブログの世界な訳ですから、「読んでもらうため」の僕のブログは、僕にとってとても大切で「素直に自分を見つめ直す」ための精神安定剤。そして「継続は力なり」の気持ちがきっとどこかへ?繋がって行くと思うのす。タレントさんのブログ巡りをしていて思うのは、日記的ブログではありながら、「誰かに向かって」という約束された発信先があり、きっと、そのタレントさん達もブログの「良い精神安定剤」のお陰で、日々のストレスや精神的な癒しの場所になっている。そうに違いない…。

↓なるほどねぇ…って思ったらポチッっと1回。
FC2 BLOG RANKING
sei2_link.gif
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。