2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手紙のチカラ。

何年かぶりに手紙を書く機会がありました。何でもかんでもメールや携帯電話で済む時代になってしまったけど、メールやブログのお陰?でいざ手紙なんてものをを書いてみると文章の運び方や言葉の結び方の難しさ、そして楽しさを改めて感じました。やっぱり良いモンです、手紙は。言霊って言葉があるように、自分の気持ちやふとした瞬間を言葉にするのはメールより遥かに心がこもっていると思う。ってな訳で今回のお題は「手紙」。みなさんは手紙、書いてますか?字を書く事の素晴らしさを感じつつ、そんな内容で進めて行く事にします。

手紙の書き方には縦書き、横書き…、メモのような手紙もある。この「手紙」という言葉を辞書で引いてみるとそこには「用事等を書いて他人に送る文書。書簡。封筒のものをさす事が多い。“手”は筆跡の意」とある。メールばかりしていると筆跡という単語はあまり使うに相応しくない。手で書くという行為は奥が深く、そして自分の気持ちを確実に伝えられる、実は人間には必要なものだと思う。久々に手紙を書いた事で忘れていた感覚に気づいたような、何だか新鮮でたまらない。こんな気持ちになったのは「手紙のチカラ」なのかも知れません。時代の流れの中で気がつくと文字を書く事が無くなって来て、絵的に文章を見るという感覚Air_Mail.jpgがどうやら当たり前の世の中らしいけど、僕はこの手紙のお陰で「活字」というものに何か新鮮でワクワクするような感覚を再認識しながら過ごしています。例えば、あまり読まなかった「新聞」も最近では見るようにしています。ファッション雑誌も以前は絵的にパラパラ読んで見ていたけれど、ちゃんと隅から隅まで気がつくと読んでいる。これも「手紙」を書いた事がキッカケだと思います。単純と言えばそれまでだけど、「活字」を書く、読むという行為は僕の中の忘れていた引き出しが開いたような、ちょっと不思議な感覚を久々に味わっています。そう言えば僕が中学生の頃、交換日記なるものを当時付き合っていた彼女としていた事があるのをふと思い出した。今思えばどんな内容を書いたのか全く覚えていないけど、一瞬記憶の中に戻されるようでドキドキしたり懐かしさにおそわれる。「ラブレター」なんてのも貰った記憶がある。そんな心がこもった「手紙」や「交換日記」の存在は、今の若者達の関係ではありえるのだろうか…。また、メールのように気持ちをすぐ送れるという利点はいいんだけど、手紙はポストに入れてから相手に届くのに時間がかかる。その届く時間も手紙ならではだけど、メールと手紙の使い分けを上手にするといろんな意味で効果的でもある。そんな風に僕は思う。文字を忘れる人間が増えている世の中に、「手紙」の存在は何かを変えてくれそうな気もしてくる。こんな風に考えるのは僕だけかもしれないけど、活字に触れるという行為は遥かに新機種の携帯電話より僕には魅力的なのです。とまぁ、改めて手紙の素晴らしさを感じた今日この頃です。

話は変わるけど、ここ最近、気になる出来事というか、不思議でもしかしたらスピリチュアルな世界なのかもしれないんだけど、突然「お線香」の匂いがしたり…。しかも7階立てマンションの屋上で(僕の事務所は屋上なんです)ありえないと思うんだけど。それと初めて行った居酒屋(小洒落た感じの)では、僕だけが「墨汁」の匂いを感じたり…。友達は「変な力が働いている」なんて言うし、一体何なんでしょうね…。でも、昔からちょこちょこ変な現象を体験してるんだけど、これもそんな何か「変」な作用なのでしょうか?…。例えば、誰もいないのに「ピンポ~ン」って鳴ったりね…。それはどうやら「虫の知らせ」だったみたいで霊的なものだったかもしれません。「デジャヴ」も結構見る方で、ほとんどが仕事をしている「正夢」って変ですよね(笑)よく感じるのは、Mac上でデザインをしていてモニターを見た瞬間、「あっ、このレイアウト夢で見た!」とか「この文字にこの色」って夢で見た…なんですよねえ。ある人に言わせると「デジャヴ」って誰でも見てるらしいんだけど、気づかない人がほとんどなんだってね。気づく人は他の人よりその能力が強いって言ってました。どんなんでしょう?こんな事がいろいろあるので、やっぱり「言霊」って信じちゃうんですよね。不思議な事はそれだけじゃないんだけど、夏のこの時期は些か「オカルトチック」になってみなさんが怖がってもしょうがないのでこの辺にしておきますが…。

「手紙のチカラ」というお題でしたが、何だかオチが怖い雰囲気になってしまいました。まぁとにかく「手書き」とか「手紙」とかに無性に引かれるこの頃で、書く楽しさってまだまだ沢山ありますよね。みなさんもたまには田舎のとうちゃん、かあちゃんに。おじいちゃん、おばあちゃんに…、手紙を書いてみてはいかがでしょう?きっと新鮮な気持ちにもなって精神的にもリフレッシュできるかもしれません。ぜひ、お時間があったらお試しください。それでは、今日はこの辺で。

↓「手紙」でも書いてみようかな…。その前にポチッと1回どうでしょう。
FC2 BLOG RANKING
sei2_link.gif
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。