2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統芸能とデザイン

歴史的結果?といえる昨日の参院選…。惨敗の自民党にとっては自信過剰の鼻っぱしを折られた形ではあるが、民主党がどこまで国民の期待に応えられるかが見物である。お手並み拝見と行きましょう。今回の参院選で自民敗北のポイントは「庶民の財布」ではないだろうか?消費税もさることながら「都民税」の問題。実際に生活のお財布事情に大きな現実を痛感させた自民党主体の社会政治が今回の敗北の結果に繋がり、嫌われ者の自民党になってしまったと僕は思う。生活に大きな負担をかける税制問題が、いわゆる「お金」のやりくりに関わる納得いかない国の決まり事が敗北の要因だと思う。さらに思うのは日本の政党って多すぎるという事。たとえ1つの党でも公約は実現できると思うし、各都道府県に1つの党の支社のような形で進める事はできないのだろうか?とにかく民主党の今後に期待したい。

さて、今回のお題は参院選の話ではなく、東京・六本木の東京ミッドタウンにある「21_21 DESIGN SIGHT」で開催予定の伝統芸能×デザインをテーマにしたプログラム「落狂楽笑/LUCKY LUCK SHOW」のお話です。何だか伝統芸能と聞くと少し身構えてしまう感じもあるけど、今回のミッドタウンで行われる演目の狂言、落語、演劇のすべてに共通するテーマは「笑い」。日本の伝統芸能の中でも、時代感覚を持って常に斬新な表現を追求している演者達が勢揃いする新しいスタイルのパフォーマンスとなりそうです。まずは『きまぐれ花緑シェフの落語レストラン』なる落語らしからぬタイトルで挑む「柳家花縁氏」。それともう1人は、類いまれなる観察眼でオリジナリティあふれる一人芝居を演じる「イッセー尾形氏」も出演予定である。彼の400以上ある一人芝居のレパートリーの中から「都市生活」をテーマに、21_21のためにアレンジした作品6本を上演する。うぅ~観たい…。その他には、音楽への造詣が深く「おぺらくご」や「らくごぺら」なる新分野を確立した「桂 小米朝氏」をはじめ、誰にでも親しみやすい狂言を目指す「茂山狂言会」が、少し近寄りがたいイメージの伝統芸能の壁を打ち破り、純粋に人を笑わせる事、楽しませてくれる事を目的とした演目を予定している。さらに必見なのは、演目を支える舞台衣装や美術の仕掛けと演出。舞台衣装では「Ne-net」の高橋一精氏をはじめ、「mercibeaucoup」の宇津木えりさん、「HIROCOLEDGE」の高橋理子さん、アパレル界からは「ZUCCa」等、それぞれの衣装を担当するのも楽しめそうである。観客側への演出はもちろんの事、落語や狂言等でいつも見慣れている着物や衣装とはまったく異なる雰囲気の衣装を身にまとう演者達の姿もすごく興味が湧いて来る。また、舞台美術は、会場全体のアートディレクション、アートワークを手掛けるグラ21_21_design.jpgフィックデザイナーの「北川一成氏(GRAPH)」。会場では、同時開催として「落狂楽笑 by 北川一成」と題し、アートワークの展示会もある(入場無料)。また、喉の奥まで丸見えになるほど笑っている独特の作風であるポスターは(左写真)、かの美術家「横尾忠則氏」が手掛けた作品で、手書きの感じがある種の世界観を作り出しているポスターアートである。このように各界から集結した東京ミッドタウンの夏祭りのような企画は、ぜひ覗きに行きたいと思う。日本の伝統芸能とデザインの融合は、一見難しそうにも思えるけど、考え方を変えるだけで当たり前のようにハマってしまう…、そんな気がして来ます。古くからあるモノに新しい息吹を取り入れるという発想は「リユースとリサイクル」という現代に必要な展開なのかもしれません。そしてそれを現実化する原動力はミッドタウンならではの素晴らしい職人達の力があってこそ、なんて思うのです。ちなみに、このイベントは8月10日~24日までです。期間が短いのでお早めに行く事をお勧めします。詳しい情報は、→ コチラ“21_21 DESIGN SIGHT”からどうぞ!

日本のデザインも元々は昔からある伝統的な見方もできる。古典的な北斎の絵にしても様々な絵巻にしても今にしてみれば充分デザイン性を感じる。それを1つのネタとして?なのかもしれないけど、昔の芸術を蘇らせるのは「デザインの力」に尽きると思うのです。そして、相性が合わないなんてことは全く感じさせない古き良き時代の伝統芸能の素晴らしさと新しくいいモノだけを取り入れた新しい芸術の世界。さらにデザインによって世界観を拡げ、新たな作品として仕上げて行く…。このように考えるとやっぱり「ものづくり」って本当に楽しいなと思わずにはいられない今日この頃です。なんだか無性に夏休みの宿題を作りたくなったなぁ…。と言う訳で、まだまだ暑い日が続いておりますが、くれぐれも熱中症にはお気をつけて元気に楽しくお過ごしくださいませ。スタミナと水分補給も忘れずにねっ。それでは、また。

↓日本の伝統芸能も捨てたもんじゃない!ってついでに1回ポチッと。
FC2 BLOG RANKING
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。