2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3R and ACTION

暑い日が続いて入りますが、みなさんはお元気でしょうか?ここ最近は水分補給に心掛けて「お水」というより食塩を含んだ「ポカリスエット」ばかり飲んでいます。特に夏場の水分補給は塩分も失われる事もあってもっぱらポカリという感じです。それとラベルのデザインやウェブサイトもよく出来ていて好きなので、今回は大塚製薬の「ポカリスエット」について取り上げようと思いますのでお付き合い下さい。

pocari_bottle.jpgさて、最近の飲料メーカーのほとんどがペットボトルを起用していますよね。そしてここ数年の間にペットボトルはブランドイメージを活かした「エコ」への取組みを各社様々な展開で進めてます。今回の「ポカリスエット」についていろいろ調べてみると「3R」という環境対策を取り入れ、いわゆる容器のリサイクル法に基づいた1つのブランドイメージを作り出しています。そして、テレビCMでもご存知のように「ACTION」をキーワードに、行動力をコンセプトにしながら若者からお年寄りまでの幅広いファン層を持つ「SMAP」を起用する等、ターゲットを明確にしたキャンペーンを展開しています。そのCMのプランニングやウェブサイトの「見せ方」でもしっかりイメージを統一しながら、企業のブランディングを成功させている気がします。そして、メーカー側では、容器のリサイクルに着目し、必然的に「エコロジー」も取り入れています。ほとんどのメーカーが取組む環境対策ではあるけれど、特に大塚製薬のこだわりは何か惹かれるモノが僕にはあるのです。ウェブやグラフィックデザインも去ることながら、まず容器そのモノは「容器リサイクル法」によって定められ、「家庭から出るごみの6割の容積比を占める容器包装廃棄物を資源として有効利用し、ゴミの減量化を図る」というもの。人々がそれぞれの立場でリサイクルの役割を担うということを基本理念とし、消費者は分別排出、市町村は分別収集、事業者は再商品化を行うことを定められています。いわゆる「大人の生活マナー」という具合です。次に「3R」とは、リサイクル・リユース・リデュースの3本柱の事で、聞き慣れないものでは「リデュース」というもの。これは、ペットボトルリサイクル推進協議会の自主行動計画で、『新たな技術開発などを行い、容器サイズ、用途ごとに1本あたりの重量を減量化すること』というように定義されたものです。ポカリスエットのウェブサイトでも紹介しているように、2006年にペットボトルリサイクル推進協議会(PETボトル製造するメーカーとPETボトルを使用する飲料メーカー等、業界団体)が、すべてのペットボトルを2010年までをメドに3%の軽量化することを掲げ、同時にリサイクルを進めるために潰しやすい容器の開発を目指すように呼びかけているようです。このように「リデュース」は、今後、最も注目されているエコロジー活動と言われ、大塚製薬の取組みとして目指すのが「ACTION」という事なんでしょうね。また、「ポカリスエット」は、年間で約3億本も消費され、最も消費量の多い500mlに「エコボトル」を導入する等、企業の姿勢をアピールする形をうまく作っています。その技術で驚いたのは、開栓前には容器の硬さをしっかり保ち、開栓後はしなやかな触感になるところ…。この形状は他のメーカーでも取り入れてはいますが、リサイクルしやすいように考えられた環境への貢献度の高さが伺えます。とは言え、これは企業レベルでの取組みのお話で、新規技術開発などにより大規模な資源削減が可能となって、その意義と活動は社会的に注目を集めている1つのエコ対策と言う訳です。もちろん、このような活動によって我々のような一般ユーザーへの認識を高め、国民一人ひとりがエコの取組みに関心を持たせる事が狙いではあるだろう。しかし、残念なことに未だ街中を歩いていて思うのは、道路や舗道、販売機の横などに無造作に捨てられたペットボトルは一向に減っていない。すぐ横にペットボトル専用のゴミ箱があるのに、どうして捨てる事ができない?と思ってしまう。まずは「臭いものには蓋をしろ」じゃないけど、そうやってゴミを平気で捨てる人、結局自分の事しか考えてない人がいるかぎり企業の取組むエコへの実現はほど遠い…、そんな気がします。自分の部屋は綺麗にするのにゴミは平気で外に捨てる。そう言えば、僕の事務所があるマンションでもポストのチラシを捨てられるように専用のゴミ箱を設置してるんだけど、たまに自分ちのゴミをそこに入れる奴がいる。しかも食べ残しの弁当とか、1.5リットルのペットボトルとか…。そんな人間が沢山いる中で企業が取組むエコは、あとどの位の年数が経てば解決できるのか全く判りません…。悲しいかな、結局はその本人がちゃんと考えるかどうかな訳ですからねぇ。そうなるとこれも国レベルの取組みをしないと無駄な訳で…。課題は山積みですなぁ安倍さんよぉ(笑)なんとかしてくれよぉ。

ってな訳で、「ポカリスエット」のラベルデザインやウェブサイトの雰囲気が大好きなだけに、残念ながら都市では「エコ意識」そのものにまだ関心を示さない人達は多い。もちろん、デザインだけで変わる筈もないけれど、一人でも多くの人達が意識する事できっといい環境へと変わっていくのを期待しつつ、自分の住む街なんだからキレイにしましょうよ…。なんて思う今日この頃です。まぁできれば、デザインをキッカケに何か気づいてくれればいいんですけどね…。まだまだ暑い日が続いております。夏バテの時期もやって来ます。しっかり食べて、水分補給。飲んだら片付けましょうね、ちゃんとゴミ箱に…。それでは、また。

↓エコ環境運動に賛成っ!って方はポチッと1回ね。
FC2 BLOG RANKING
スポンサーサイト

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。