2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お正月を堪能する!?

昨日あたりから年末のお休み突入の方が多いと思います。いかがお過ごしですか?大掃除はだいぶ済みましたか?僕はというと昨日で今年の仕事納め。玄関にお飾りを着けたり、来年用のカレンダー(手作り)を準備したりと「いよいよ年の瀬だなぁ」と一人思いにふけって1年を振り返りました。そして、今日から一人前にも冬休みをさせていただきました。とは言え、自宅の大掃除で今年の悪いモノを全部洗い流すような勢いです。という訳で、今年最後のブログのエントリーは自宅からです。

japanese_maple.jpgさて、日本人にとって「お正月」は、クリスマスの盛り上がりとは打って変わって、些か地味な印象がありますよね…。そもそもお正月はとは、本来1月の別名。現在は1月1日から3日まで(三が日)、または「松の内」(元々は1月15日まで)を指しています。また、1月20日までを正月とすることもあり、この20日を二十日正月(骨正月)と呼ばれています。地域によっては、新暦の元日を軸とする「大正月」と旧暦の15日を軸とする小正月と呼ばれていたり、大正月はまた大年、男の正月と呼ぶのに対して、小正月を小年、女の正月と言うところもあるようです。12月8日(関西では13日)を「正月事始め」と称して、お正月の準備を始めるらしい。何だかクリスマスと比べるとやっぱり日本の風情は実に良いと思わずにいられない。さらには、1月1日を元日、元日の朝を元旦と呼ぶと言う事も意外にも知らない人が多い。「旦」が地平線の上に日の出た様子という事からそう言われている。一般的に元日は、国民の祝日です。政府官公庁でも12月29日から新年3日までを休日としていることから、一般企業でもこれに合わせるようになったとされている。とは言えみんながみんなお休みする事はあり得ない訳で、働く人達がいるからこそ僕らは食べる事やお参りができるのです。例えば、鉄道やバス等では、このお正月期間中、休日ダイヤで運行してくれることで混雑緩和を担っている。一方、小売業では、70年代頃までは1月5日~7日まで休業していた店が多かったようだが、90年代以降、24時間営業のコンビニの登場などの生活スタイルが変化し、全般的に開店日は早くなったようです。今現在では、ほとんどのお店が元日のみの休業で2日から初売りになっている。すっかりお正月気分も抜けぬまま4日ごろからは平常営業に戻っているようだ。まるで単なるイベントのようにあっと言う間に過ぎ去ってしまう。日本文化の1つとしてすごく大切にしなければいけないような行事だと思うのだが…。

かつては夏のお盆と比例して、半年ごとに先祖を祀る行事だったとされ、仏教の影響が強くなるにつれ、盆は仏教行事の盂蘭盆と習合して先祖供養の行事とし、対する正月は年神を迎えてその年の豊作を祈る「神祭り」として位置付けられるようになった。その名残は「神社にお参り」ということなんだけど、1年に1回だけ仏教に触れるような感じは初詣の人だかりを見ていて何だか不思議にさえ思えてくる。そんなお参りで効果はあるのか?ないのか…。外国人から見れば何とも滑稽な日本人のように写っている気がしてならない。

と言う訳で、2007年もあと1日。時代が平成になってからすでに20年も時が過ぎている事実は変わらない。そして、繰り返す事の無い事件や事故を願いつつ、日本人らしい節度を持ったマナーと思いやりで素敵な2008年になることを節に思うのであります。

今年も1年間、お世話になりました。僕のブログを読んで何か新しい発見がありましたか?お仕事のモチベーションは上がりましたか?どれだけの人達がこのブログを読んで共感、あるいは否定されたかは定かではありません。単なるデザイナーの独り言に聞こえるかもしれません。でも、僕にとって何かが変わったのは確かな事。僕が感じる事はもしかしたら同じように共感できる人もいたりして…。そんな気がしています。来年もどうかひとつ、このブログを宜しくお願い致します。

みなさんにとって素晴らしい2008年でありますように…

◎来年に向けてお参り代わりにポチッと1回(笑)、なんてな。
FC2 BLOG RANKING
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。