2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気と珍事件

ここ数日の寒さはかなり応えますねぇ…。みなさんはいかがお過ごしですか?今日はクライアントさんとの打ち合わせで中野に行って来ました。その打ち合わせで「株暴落」の話で持ちきりで、そこの社長さんも「去年に売っておけば良かったぁ」と申しておりました。確かにここ数日の株価の動向はかなり深刻な状況だと僕は思います。さらに危険なのは「中国株」も暴落傾向にあるということ…。なんとなく以前の「不景気」を遥かに上回る日本経済になりそうな気がして、どうも気持ちが落ち着きません。

さて、話は変わりますが、日本国内では毎日のように犯罪のニュースや食品企業の詐欺行為、N○Kのインサイダー取引等々、事件が多い世の中になったものです。そこで今回のお題は、海外での日常的なニュースには「珍事件」が多いのでそんな話題で進めようと思います。お付き合いください。少々笑えるニュースが多いのも海外ならではなのか、嘘のような事件や事故が多いようです。まずは中国のニュースでは、女子大生(19)が、恋人の男に依頼し、この少女の愛人だった既婚男性を殺害し体をバラバラにした殺害事件では、そのバラバラにする様子をなんと自信のビデオカメラで録画していたらしい。地元紙の新聞によると、男性の殺害事件が起きたのは先月で、雲南省の大学に通っていたこの少女は、恋人と別の男とともに逮捕された。その殺された男性は既婚者で、地元の道路建設関連の会社を経営していた男で少女の愛人である。少女は、男性が殺害される様子と体が数百もの部位に切り分けられる様子をビデオに収めていたとしている。殺害動機は、この男性に対する憎悪と身元が確認できないようにするためだった。憎しみは人間をそこまで変えてしまうのだろうか…。次はちょっと笑えてほのぼのとしたニュースです。オーストラリアのブリスベンで18日、25年も前に博物館から盗まれたブーメランが戻って来たというニュース。ブーメランというのは、本当に戻ってくるものだと(笑)。オーストラリア奥地の町で、25年前に盗まれたブーメランがのポストの中に戻って来ているのを発見されたという不思議なお話…。そのブーメランには手紙が添えられていたらしく、差出人は“罪に悩むアメリカ人”だったそうな。その手紙の中でこのアメリカ人は、25年前にマウントアイザの博物館からブーメランを盗んだことを告白。その事をとても後悔しているといった内容で、「1983年のことです。当時の私は若く、バカなことをしたと思っています。申し訳ありませんでした。ブーメランをお返しします」と手紙に書かれていた。このブーメランはかつて博物館があった住所に送られて来たのだが、現在はその場所に製紙工場とコミュニティセンターがあり、そこで受け取った人物が市議会に持ち込んだそうな…。正当な所有者が見つかれば、ブーメランをその人に返却する予定とされる。凶悪な事件が多い中、こんなまるで映画のような事件は、犯罪とは言え、何だか人間の正直なところが微笑ましくも思えてくる。

また、アメリカのコロラド州では「パンツ一丁で犯人を追いかける!」と言うちょっと笑えるニュースもある。コロラド州シルトで16日、家に泥棒が侵入して来た事に気がついた男性が、パンツ一丁で自分が所有する斧の柄を振り回わして犯人を追跡しnews_men.jpgたが、私有の車道でフッと我に返り、自宅に戻って警察に通報したという事件。我に返った男性は、「パンツ姿でシルトまで泥棒を追いかけていくわけにいかないよな」と思ったらしい…。(笑)この男性はコロラド州西部のから郊外に住むホセ・セディッロさん46才で、14日の午後、パンツにTシャツ、それにソックスを履いて昼寝をしていた。何ともコミックに出て来そうなスタイルだ。すると、物音がして寝室のドアが開いたと思ったら泥棒が入ってきた。実況では「私は飛び起きました。犯人と目と目が合い、そばにあったバットをひっつかんで、逃げる犯人を追いかけたんです」と。しかしつかんだものはバットではなくヒッコリーでできた斧の柄だった。その後、通報を受けた警察が、犯人の男を逮捕した。自宅から盗まれたのは250ドルの現金が盗まれただけ。そんなセディッロさんは、パンツ一丁で飛び出した時、「盗まれたのがサンダルでなくて良かったじゃないか」と思ったとか、思わなかったとか…(笑)。チャンチャン。ここでのニュースは全て本当に起こった事件なのですが、どうも海外のニュースには「ユーモア」というか変わっている事件が多いようです。この辺も日本国内での不景気における事件とは随分違うようですなぁ…

と言う訳で、たまにはオモシロおかしくってのもいいんじゃないかなと思い、今回はこんなお粗末なお話。毎日毎日深刻な顔をしていてもつまらないので、たまにはって事で…。今後の景気動向は気になるところですが、少しぐらい笑ったりすることも僕たち人間には大切です。「笑う門には福来る」ってよく言ったもんですね。それでは、寒い日が続いておりますが、くれぐれも体調管理を整えてたまには笑ってお過ごしください。
それでは、ごきげんよう。

◎株価を上げる気持ちでポチッとどうでしょう?
FC2 BLOG RANKING
スポンサーサイト

テーマ:時事ニュース - ジャンル:ニュース

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。