2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある1つの法則。

ほとんど1週間の1回のエントリー化しております。みなさんはいかがお過ごしですか?お仕事がんばってますか?…。さて、今回は広告に携わっている方々ならよく知っていると思われる「広告宣伝」の企画をするにあたって必須とも言える“AIDMA(アイドマ)”の法則のお話をしようかと思います。ちょっと難しいかもしれませんが、できるだけ解りやすくお話しようと思いますのでお付き合い下さい。

このAIDMAとは、1920年代にアメリカの販売・広告の実務書の著作者(Samuel Roland Hall)さんが、著作中で示した広告宣伝に対する消費者の心理をプロセスモデルしたとされています。この用語は5つのパターンの頭文字からなり、消費者がある商品を知ってから購入に至るまでに次のような段階があると推測したものです。

1. Attention = 注意 2. Interest = 関心 3. Desire = 欲求 4. Memory = 記憶 5. Action = 行動

1.のAttentionを「認知段階」とし、2~4のInterest、Desire、Memoryを「感情段階」、5のActionを「行動段階」と区別されていますが、つまり、この5つが広告制作における重要なポイントであり、訴求の要だと言う事です。もちろん販売促進にも同じように使われている用語ですが、最近ではインターネットの普及によって多少変則的なパターンもあるようです。某広告代理店が示したのは“AIDMA”ではなく“AISAS”で、3番目の欲求は瞬時に検索、探す、いわゆるSearchの“S”に。そして4番目の“A”は行動+購入のAction。そして最後の“S”は、Share=ネット上等で評価し共有する事。大まかの流れは、「注意→関心→検索→行動→共有」の順になる。いずれにしても最低この5つを考慮しながら広告や商品企画をしなければ費用対効果のある全体的に見た「良い広告・売れる商品」にはならないという事。なんて頭では解っていてもこれが中々ムズカシイ。その難しさの1つには「価値観の違い」。当然、大きなプロジェクトになればなる程、いろんな人達の価値観によってせっかくの良い商品もとんでもない広告展開をしたりする。結局は上司に従って…とか、他社がこの手法で売れてるから…とか、まったくとんでもないところに行ってしまう。要するに、最初は“AIDMA”に基づいていたのにいつの間にか、いろんな価値観が入り込んで、忘れてしまう…。

absolut_summer.jpg僕が想うに「モノづくり」とはそういう過程がどうであれ、1人ひとりが「職人」になれば良いと思うのです。世の中の職人さんと言われる人達を見てみるとほとんどの方が「ひとり」で作業をこなしています。それは結局人を使おうと思っても価値観や信念の違いから長くは続かず、を繰り返す場合が多いからです。これは会社組織で考えても同じです。社長ひとりで頑張ってもビジネスは成り立ちません。働く人達が職人ということを意識して働くようになれば業績アップはもちろん、コミュニケーションだって円満になるに違いない。企業の社長さんにも言えることですが、結局「ひとり」の方が面倒も無いし集中してモノづくりができるかもしれません…。しかしそれでは商品の量産もおろか、売り上げだって微々たるものになりかねない。社長ひとりが職人ではなく、働く側も「仕事=職人」という志を持って取り組んで行けば、きっと僕は変われると思う。例えば、営業の職人、販売の職人、配送の職人…。なんて具合に個人個人がそんな意識を持てば何かが変わるって思います。最近の企業の体質が問われる事件や事故を見てもどこか虚しく、あきらかに仕事への意欲の無さや人任せな行動が招いた結果なのは言うまでもありません。「ひとり一人が職人に!」…そんなテーマを国家レベルで掲げ、遂行して欲しいと思うのは僕だけではない?なんて思いますが、どうでしょうか?…

ところで物事にはいろんな「法則」があったりしますが、その法則には裏付けられた様々なデータや統計学に基づいた結果、そうなった。というのが法則になっている場合が多いようです。例えば、占いや血液型の性格等も大まか解っていても最終的なデータではなく、日々進化し続けてるようです。また、恋愛や結婚にも法則と言われる事があります。とかく人間はそんな法則を信じてしまいがちですが、生きている、生かされているという事を運命とするならば、それは自分で切り開くしかない。というのが僕の信念であり、Sei2の法則です。確かにいろんな法則はとても大事ですが、あくまでも参考にして…、という程度でつねに頭を使って生きて欲しいものです。そんな意識はきっと「職人気質」な人間を育て、成長させながら、いつかは国までも動かすぐらいの人々で溢れかえる…。大きく言えば、「職人大国ニッポン」ってのが僕が今、この日本に求める対策ではないかと思うのです。一体、いつになったら日本は人間らしさを持った安心できる国になるのだろうか…。総理大臣の本当の政策は?自民と民主でなんでそんなに仲が悪いの?自分の事ばっかり言ってない?政治の法則ってそもそもそんなんじゃなかったんじゃぁ…。マニフェストはどこへやら…(汗)それでは、今日はこのへんで。

◎めざせっ、職人!そんな気持ちの方はこちらもポチッと…。励みになります。
FC2 BLOG RANKING
スポンサーサイト

テーマ:仕事のヒント☆ - ジャンル:就職・お仕事

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。