2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々だけど無題

すっかりご無沙汰をしております。人によっては昨日あたりから大型連休のゴールデンウィーク突入の方もいることでしょう…。不景気とは言いつつも毎年海外へと旅行組も増加傾向で、旅行貯金やらボーナスを貯めては家族で…なんてニュースで見かけながら、僕はと言うとほとんど暦通りかもしくは祭日も出社という感じです。僕の場合仕事柄休んでしまうとどうやら頭の中が真っ白になって、休み明けの立ち上がりに影響を及ぼす傾向にあるので、なるべく仕事をするようにしています。とは言え、もし子どもがいたら?などと考えると子ども達から受ける影響力は素晴らしいものがあるので、それはそれで違っていたかもしれませんね…。

さて、今日もいつものようにデザイン作業や資料探しをしてはクライアントさんもほとんどがお休みのようで、電話がない静かな1日となっております。そんな中、ネット上を徘徊するかのように見ていたら面白いニュースを発見したので今回のお題は「世界オモシロニュース」とか「旬なニュース」について僕なりの意見で進めようと思います。とは言え「無題」ですけどね…。ドイツの時事通信の記事によると、フランクフルトの南西約70キロにあるとある村で26日、同国初となるオフィス用チェアを使っての「スピード競争大会?」が行われたという記事を見ました。(右の写真)何もこんな時にたばこ吸わなくたって!ってツッコミたくなる写真ですが、村を上げてのこんなレースには笑えるというより、その柔らchair_race.jpgかい頭の発想がうらやましい限りです。確か日本でもコーヒー飲料のCMでオフィス内をキャスター付きのチェアで進んで行くというのがあったけど、これはまたそれとは違い、一般公道でのレースというから面白い。参加者の中には、映画キャラクターの仮装をしたり、デコレーションしたカスタムチェア(笑)に2人乗りするなど様々な思考で参加。当然、沿道で大勢の観衆が声援の中、ひざにプロテクターを付けて熱戦を繰り広げたらしい。この発想には「子供の遊び心」に似た感覚で大の大人が競っている。その姿は「心のゆとり」や「遊ぶ事の楽しさ」を本当に理解しつつ大いに楽しんでいるように思える。日本ではせいぜい子どもの運動会でお父さんが障害物リレーとかに参加する程度の子ども感覚な遊び。ましてやこんなレースの発想は東京ではありえない。そんな風に思うと淋しい気もするけど、「大人は子ども達のお手本」であるだけでなく、一緒に遊んだり何かを作ったりと、そういう事が必要だと思う。周りを見てみるとどうやら最近のお父さん達や街で働く大人達にはそういう感覚が悲しいかな、ないらしい…。子どもでも考えそうな遊びをどうやら大人達はあえて嫌っているようにも思える。実は子ども達の遊びは奥が深いものが多いのになぁ…

そんな海外のニュースの中、日本国内のガソリン暫定税率問題…。どうやら5月1日からレギュラーガソリン1リッター160円なんて話になっている。ゴールデンウィーク真っ只中、一気に元に戻ると言うより更に跳ね返ってくるのは大問題だ。単純にリッター120円で50L入れると6,000円。それがリッター160円になると同じ量を入れても2,000円もアップする…。この戻すという事で今まで感覚としてなかった「税金」の数字が明らかになった。まったく税金の徴収が多い国。それは納得するとして、要はその使い道に問題があったりするもんだから人は大騒ぎをする訳で?…。まじめに公務をしててくれればいいものを、数名の心ない人達によって一瞬にして信用をなくしてしまった。まるで振り込め詐欺と同じ。ますます現在の若者も、そして中高年からお年寄り達も政治や国会は信じていないという悲しい現実。いくら誰があがいても変わる兆しが見えてこない気がするのは僕だけなのでしょうか?…。そうそう5月と言えば、車を所有している人には辛い「自動車税」なるものがある。もちろん所有している車の排気量によってその税金の額は異なるけど、意外にもこの「自動車税」は分割できるのを知らない人がいる模様。というか、国で公表はしていない。こっちから聞いたりすると「はい、できますよっ」の回答だったり…(怒)。実は僕らの税金のほとんどは「分割」が可能だったりするのです。ガソリンではなかなか難しい問題だけど、ものは試しで言ってみるもんである。「向こうがその気ならこっちにだって…くそっ」である。時々仕事をしながらふと思う。今進めてる仕事も税金で消えてなくなるのか…と。では税金のために人々が働いてるか?というとその感覚はあまりない。というか、考えたくもないし、冗談じゃない…。「誰があんたらのために」である。また、こんな話もある。選挙を終えて議員になると当然のように「公務」としてのいわゆる「給料」が支給される。当選後の初任給が月約230万円…。この数字には驚くけど、問題なのは日割り計算という概念がない事。仮に当選して4月末に公務につき3日間の公務の場合でも、実に満額の給与が支給される。この話は某「行列のできる・・・」に出演していた丸○弁護士が、昨年当選後に息を露にしてテレビで暴露していた話で、当の本人も「こんなことがあっちゃイカン!」と言って、議題にすると言っていたのを覚えている。その後、その話はどうなったかは不明ですが…。どうやら「格差をなくそう」と言っている人達が「格差」を作っている張本人達だったりする。そんな気がしてならない…。

世界のニュースも国内のニュースも面白いのもあれば、腑に落ちないものもたくさんある。情報として知っておく必要はもちろんあるけど、そんな社会の中に僕らがいるという現実。そこからは逃げられないというのも現実。思うに実は「本当の不景気」ってまさに今、2008年ですよね…。一体この日本という国はどこへ向かって何を求めてるのか、まったく僕には理解できなくなって来た今日この頃です。とりあえず仕事があるうちは「専念」して影響を受けないように集中して、試行錯誤をしながら今宵も中目黒でおれやこれやとチェアを滑らせては(笑)作業中なのであります。皆さんにとって素敵なGWでありますように…。それでは、また。

◎元気が出ました?できれば僕にも元気をクリックゥ~(爆)
FC2 BLOG RANKING
オフィシャルサイト
スポンサーサイト

テーマ:伝えたい事 - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。