2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の難しさ

なんだかんだで約1ヶ月ものブランクで、気がついたら何やらFC2から目立つところに広告が勝手に入る始末(汗)。大変ご無沙汰で申し訳ないのですが、僕は忙しく楽しく元気でがんばっています。みなさんはいかがおすごしですか?今年も梅雨入りをしたものの例年に比べると気温も低く冷たい雨って感じの日が多いですね…。体調を崩し易い今日この頃なのでくれぐれもお気をつけてお過ごし下さい。あ、そうそう気分転換にヘッダーの写真等、少しだけ変えてみました。

さて、今回のお題は、僕のクライアントでもあるアパレルさんのHP上に設置したブログで起こるさまざまな問題について、少しお話しようかと思います。お付き合い下さい。もちろんそのHPのディレクションをはじめ、商品カタログのデザイン、広告等のサポートを行なってはいますが、さすがにカスタマー的なところまでは入り込めないので、なんとも歯がゆい、どうしてそうなってしまうのか?という事を踏まえて、「言葉の難しさ」について話を進めて行きます。

blog.jpg最近はブロガー人口も増えて、それこそタレントさんのほとんどが自分のブログを持っています。結構意外な人も“My Blog”を持っていたりで、その反面、付き物と言える「誹謗中傷的」な書き込みもあったりします。「ブログ炎上」なんて言葉もあるぐらいでニュースでもお見かけしますよね。そんなブログでは、コメントを受け付けてない方もそれなりにいるようですが、今回のアパレルさんのブログとは、いわゆる1つのコミュニティが出来上がっていて、掲示板的な要素もあったりでコメントした人同士が仲良くなって、お店や洋服の情報交換をしたりして、とても楽しい場所のようで、それなりに盛り上がってはいるのですが…。ひとりひとりのコメントも活気があってみんな前向き…。癒されたり励まされたりとても良い関係ができあがってはいるんだけど、2~3ヶ月もすると「荒らし」のような人なのか、同じような周期で現れては誰かのコメントに対して攻撃的というか、あまり相応しくないコメントが投稿されたりしています。当然のように楽しい筈のそのブログ会場(笑)は、イヤぁ~な空気が流れはじめ、軽い言い争いみたいになってしまう悲しい結末を迎えるのです。しばらく収まるまでは1件もコメントが入らない状態で、せっかくメーカーさんが新しい情報を掲載しても見てはいるものの誰もコメントしなくなるという始末…。まるでクラスのイジメのようです。メーカー側が気をつけてても自然現象のように湧いてくる。要するにせっかく楽しみにして見に来る人が参加できない空気が漂ってしまうという訳なんですよね。さすがにそんなペースでは取引先のブログ担当者も毎回頭を抱えては僕に相談の連絡を入れて来ます。担当者曰く「閉鎖するしか…」と毎回お悩みは尽きません。確かに閉鎖してしまえばそれで済むかもしれないけど、なんとも後味が悪すぎる。1つ僕がそのブログを客観視してみると、そこに集まるのは100%が女性で、洋服とファッションする事が楽しくて仕方がない人達。働いている独身女性からお子さんを持つ主婦の方々…。女性だから?特有の?って思える部分と閉鎖すれば、という事で片付けらる問題ではないとも思う…。いっその事、僕が投稿名を女性にして成りすましで入り込もうとも思ったりしたのですが、なだめる筈が逆効果になった場合もあるし、逆に取引先の方々に余計な迷惑をかけてしまうので気持ちを抑えはしましたが…。先日のキムタクのドラマ「CHANGE」で朝倉総理扮する木村拓哉が言った、子ども達に向けた言葉のように「自分と同じだと思うからケンカにもなるし、納得もできないから悪口を言ったり、いじめたりする」と。そうじゃなくて「ひとりひとり違うんだ」と教えて気づかさせてあげる事が大切なんだと…。そんなセリフにはハッとさせられたんだけど、人はどうしても自分の考え方や思いを前提で他人を見てしまう。自分と違うから頭にくる、嫌い、いじめてやる、ムカつく…。だからいろんな事件も起きるし、イジメも減らない。自分の考えは決して同じはずもなく、他の人達はみんなひとりひとり違う個性や異なった価値観をもっている。「人は自分とは違うんだ」と、そう考える事ができれば世の中はもっと平和になって行くと僕は思う。それは自然と相手の立場になって考える事にも繋がって、人として大切な「思いやり」が生まれてくる。特に今回の女性ばかりが集まるコミュニティ的ブログでは、まさに朝倉総理の言葉がピッタリと当てはまる。そんな気がしています。

悲しいかな、相変わらずこの世の中には、誹謗中傷やねたみ、イジメ問題は一向に減りません。ブログや掲示板のように「顔が見えない」から参加しやすいという反面、実は裏の顔を持っている人達もいます。一瞬で別人になったりちょっとした事でキレたり逆キレしている。そこから殺人や自殺する人もいたりする。ブロガーが増え続けている今、やっぱり人としてのマナーを守って、参加するからには楽しむ事の姿勢を忘れてはいけないのだと、切実に思います。顔が見えないから誹謗中傷も簡単かもしれません。心の中の罪悪感や悪魔のようなその気持ちはずっと残って体の中に宿ってしまうかもしれません。本当は「見えないところの美しさ」を持っている人達もたくさんいます。それを目指している人達もたくさんいます。ここではその固有のブログは紹介しませんが、せっかく与えられた楽しい場所をみんなで守ろうとしているのに、その一言があったおかげで全く別物にされてしまうのは、関わっている以上、心が痛み、苦しいだけです。楽しいと思って始めたブログ。メーカーさんの気持ちが解るだけに悲しくもどうにもできない辛さ…。「言葉は難しい」と言ってしまえばそれまでなんだけど、「難しいからちゃんと伝わるように」ということが、ブログや掲示板には必要なんだとつくづく思った次第です。それは誰か読んでくれるであろう人達への「思いやり」でもある訳ですから…。とりあえず、早く楽しいブログに戻って行く事を願っています。

人をいつも悪く言う人は、他の人達からも悪口を言われている人。せっかく言葉を持っているのだから、ちゃんと気持ちを伝えて、伝わらなかったら伝わるまで話すということ…。これは私事でも仕事でも同じ。「言葉は難しい」ではなく「言葉は楽しい」に全世界の人達が変わって行きますように…☆ それでは、またいつかエントリーするその日まで。

◎久々ですが、ポチッと応援のつもりでよろしくです。
FC2 BLOG RANKING
オフィシャルサイト
スポンサーサイト

テーマ:ことば - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。