2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネットとデザイン

 毎日暑いですね。ちゃんと水分を採って熱中症にはくれぐれもお気を付け下さい。部屋に中にいてもなるらしいのでご注意を…。
 さて、今回のお題は、今じゃウェブデザインなんて言われてるけど「インターネットとデザイン」をテーマに進めて行きましょう。

 僕が思うにウェブデザインはグラフィックと違うところにあると思うのですが、世間的には同じカテゴリーとされ、最近僕もこの仕事に携わる事が増えてきました。4~5年前からウェブデザイナーなんて職業が登場し、当時デザイン会社がバンバン潰れ、グラフィックからウェブへ移行した方々も多かったようです。でも実際に作ってみようと思うと今まで聞いたこともないようなHTML言語やソースがどうのって…。しかも自分が置きたい文字や絵柄もイラレ(アドビのイラストレータの略)に比べて縦横の軸に合わせなければならず、イライラするんですけど。って感じでした。しかも最近ではスタイルシートというものまで当たり前の段階に来ている。どう考えてもプログラマーでしょって思います。特に僕の場合、アナログのデザインからこの業界にいるのでどうもしっくりこない。切ったり貼ったりの作業感覚ではできないのがこのウェブデザイン。出来上がって画面上はグラフィック性も高いのですが、作って行く過程が好きになれません。けど、デザインという観点で言えば、否定もできないのですが…。一番初めに使ったソフトはGO LIVE STUDIO。発売したばかりで画期的なイメージがあったけど、いざ使ってみるとイマイチ。でも、ウェブの構築の仕組みはなんとなく分ったのでとりあえずいいかなって感じ。その後ドリームウェバーの登場でさらに作りやすくはなったけど、どうもイラレの感覚で作れないのが悲しい。ですよね?

 一時期流行った感じのフラッシュも以前と比べけば減ったようですが、どうやら検索に引っ掛かりにくいとか、読み込みに時間が掛かるとか賛否両論いろんな意見を聞きました。このフラッシュはほとんど映像の世界…。切った貼ったのアナログデザインをしていた人間にとってもう未知の世界なんて思いましたね。結局必要にかられ一からマニュアルを見たりして学習しなければならない段階に来た訳です。印刷の方法も今までの製版方式からダイレクト印刷(CTP)になり、デザイナーが製版までやっていること事態、既に忙しいのに、ウェブだフラッシュだ!って、どうよ。ほとんどコンピュータに使われている感じ。特に最近はソフトのテクニックは凄いんだけど、デザインセンスが乏しい物も悲しいかな世の中にはあります。確かにデジタルは凄いかもしれないけど、やっぱり人として残して行く、作って行くということで言えば、一度アナログの世界、ローテクに戻したい気持ちでいっぱいです。複雑っすけど。

 あと何年かすればインターネット回線も全て「ひかり」になって来るでしょうし、どんどん高速化の道を辿っていくことになる。数年後にはHTMLの基準も変わるらしいし、一体デザイナーはどこまで関わっていけばいいのでしょうかね。なんだか、グラフィックデザインは地球的、インターネット・ウェブデザインは宇宙的ってとこでしょうか。何でも受ければビジネスにはなるけど、やっぱり血の通ったデザインっていうか、「物づくり」の原点を考えてしまいます。ウェブデザインのこれからは自分にとって「壁」かもしれません。何かずれてしまっているようで消極的にもなって来ますね。負けませんけど…。
また、国内のいろんなサイトを見ているとやたら文字が多く、これでもか状態で内容を入れ込んでしまっているのもお見受けしますが、なんか必死な感じでちっともプラス思考とは思えない。これって日本人の気質なんでしょうかね~。さらにはウェブデザインもデフレの影響を受けてかなり破格の金額で請け負っている制作会社もあるようです。ここにも価値観というものが大きく関わってきているのは言うまでもありませんが。発注側と制作側のバランスが未だに取れていないのも事実。同じデザインの観点で言えばもはや事務処理のような状態です。それがデザイナーなのでしょうか?インターネットも広告なのは間違いありませんがどこで線を引いて作って行くのかがこれからの大きな課題と言えるでしょう。

 これからのインターネット、ウェブデザイン、そしてブログ…。将来を見据えてできることは「企画力」。もはやこれしか無いかのようにも思えて来る最近のウェブ事情…。もっと時間を掛けて良い物、いいデザイン作りを目指しましょうよ!なんてね。

次回のお題は「住居とデザイン」を予定してます。それでは、また。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。