2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住居とデザイン

 今日は「住居」を題材にデザインという観点から進める事にします。よろしくです。
新聞の折込み広告で特に週末、ものすごい量で入っている不動産・新築マンション等の広告。見ているだけで恥ずかしくなるのが「デザイナーズ・マンション」というコンセプト…。確かに国内外のデザイナーが関わっているんですが、そんなにデザイナーズなんて言わなくても、なんて思います。デザインに携わっている人間からするとこのコンセプトは逆効果のような気がします。都心部の賃貸マンションでもこのワードで入居者を求めてたりしていますが、いかがなものでしょう…。特にそう言われている賃貸マンション等を見てみるとお洒落ではあるけれど、無駄な設備や変なこだわりがあったりして反って住みにくい作りで好きになれないのもあったりします。しかも相場の家賃より高かったりもしますよね。売る側、貸す側で言えば、それなりに効果はあるのかもしれないけど、何だか寒いです。
逆に、インテリア性を重視したショップやブランドを活かした(IDEEとかCONRANとかのプロデュース)マンションの方がすんなり受け入れられるな~。ファッション業界ではあるまいし、デザイナーは影の立役者でいいと思う。デザイナーズ・マンションと言ったところで住む人はどれだけその人の知識があるのでしょうか?ただなんとなく、ブランド性?とかに弱い日本人。そこを狙った販売戦略は本当に正しいのか疑問の残るところです。

concept26.jpg

 確かにデザインは必要です。普通に考えてもどのマンションも設計に携わるデザイナーはいる訳ですから、ある種その方々を差別化し、有名じゃないとダメみたいな感じにも思えてくるのは僕だけでしょうかね。考え方、価値観が違うかもしれないけど、安心して暮らせる空間があり、そこに住む人が暮らしをデザインしながら…、という発想の方が僕は好きです。デザインや形から入ってしまうということはそのデザイナーに強制されているみたいでどうも…ね~。
いずれにしても、軽々しくデザイナーズって使わずにうわべだけのイメージ戦略ではなく、暮す人の生活スタイルを重視した提案が必要です。デザインを上手に使って欲しいところです。
ところで、最近増え続けているタワーマンションは、調理器具にガスを一切使用していないって知ってました?ほとんどのシステムキッチンはIH仕様で、特に7階から上の場合、万が一火災が起きた時、消防車のハシゴが届かないから…らしいのです。でも火の気はそれ以外にあると思うんだけどな~。僕はちゃんと地に足が着いたというか、安心できる建物に住みたいですね。

次回は、「スポーツとデザイン」で行こうと思います。
まだまだ暑い日が続いております。くれぐれも熱中症にはお気をつけて。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。