2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏教の中にあるデザイン

 お元気ですか?宮城県の方は地震でけが人も出ているようでお見舞い申し上げます。今日はちょうど撮影中で現場で結構揺れたので大騒ぎでした。慌てず落ちついて行動する事を心掛けましょう。

 さて、今日のお題もまた意外な尺度で検証しようと思います。またお盆の時期なのでこのテーマにしてみました。あまり関係ないようにも思いますが細かく見てみると結構あるようですねデザインが…。先日の日曜日にお墓参りに横浜にある霊園に行って来ました。最近のお墓は昔に比べてお洒落なイメージで生前にきっと好きな言葉だったんだろう言葉が石に刻み込まれてきれいで穏やかなイメージの物が多く割と今の主流のようです。例えば「ありがとう」とか「いつまでも…」とか。お名前は小さめで。御影石もグレーだけではなく赤い暖色系の色も結構目立っておりました。時代が変わり今の人達に受け入れられる形として石のデザインが豊富になっているのだなあと感じた次第です。石の設計もまたデザインという作業が加えられるようになってきたと言えるでしょう。各家庭での宗派もいろいろですが、非常にありがたいお墓のイメージがありました。その他で言えばお墓の案内パンフレットもありますが、これはまだ昔から変わらない形が多く、どことなくかわいらしかったり、ピンクや紫のカラーリングでプロが作ったの?という物が多いように思います。デザイン的に言えば難しい部分ではありますが…。

 また、石やパンフレット以外で言えば、お坊さんが筆文字で書いたありがたい言葉をよくお見かけします。実はこれもデザイン的に言えば「タイプグラフィ」なワケで、手描きの究極のデザイン文字なのです。先日もとあるお坊さんの説法を聞く機会があってその方もいろんな心温まる言葉を色紙に書いて来ていた方々に渡してました。その方は飲食店の看板ロゴ等も依頼があればお受けしているようでまさにグラフィックへの進出?って思います。
 このように宗教・仏教の中にもいろんな形で存在しているデザインの力。人々に喜んでもらう、幸せな気持ちになってもらうきっかけとしてデザインは大切な役割をしているのです。ですので、モノ作りの基本はいくつもあるワケではなく全て同じということだと僕は思います。絵を書くことも、字を書くことも、パソコンでデザインすることも基本はいっしょ。人間が作るものなのですから…。

concept33.jpg
※ちなみに上の3枚の筆文字は僕が書いた物です。

 そもそも僕が言いたいのはデザインは全てのモノに存在するということなので、いちいち別けて言うのもなんなんですが、日常にある身近なモノもデザインという観点から見れば数えられない位関係があり深いです。今回の仏教のテーマでも結び付が薄いような気がしますが、実はあるのです。お墓やお葬式の様々必要なモノ。逝った後の棺桶もいろんな種類がありますよね。
 しかし、それを1つのアトラクションにしてしまう遊園地はどうかと思いますが。いくら娯楽施設のモノとは言え、モラルの欠如って気がします。みなさんはどう思います?バチがあたるような気がして入ってみたいとは思いません。そのような団体からは何もないのでしょうかね…。ちょっと信じがたい。

 ちょっと話が反れましたが、生きている間も死んでしまった後もデザインというモノ作りは人間にとって切り離せない大切なことだと僕なりに言いたかった今日のお題でした。
 というワケで、お盆休みもそろそろ終わり気持ちも新たにまた頑張りましょう。ちなみに僕は9月20日頃から遅めの夏休みとさせていただきますので、宜しくお願い致します。

それでは、くれぐれもお身体に気を付けて残り少ない夏を満喫してくだパイ!

※ちなみに僕が書いた筆文字はオフィシャルサイトでご覧頂けます。お気軽にどうぞ。
 SEI2 GRAPHICS:http://www.sei2.com
 ご意見、ご感想のコメントもお待ちしておりまする。
スポンサーサイト

テーマ:クリエイティブの世界 - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。