2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事前評価 vs 事後評価

 こんばんわ。台風が接近して今にも上陸の兆し。季節の変わり目として特に夏から秋にかけてこの台風はやってくる。今回は2つ同時に発生し、関東から北陸に向けて接近中です。11号が「マーワー」12号が「グチョル」と台風の名前もそれっぽいですねー。

typoon.jpg

 さて、今日はデザイン制作にも関わりのある「事前評価 vs 事後評価」について台風と共に?お届けします。どうか最後まで気軽におつき合いくださいませー。

 事前評価とはチラシや口コミ、テレビや雑誌等によって広告展開がなされ、前評判もよく集客の要素が高いため見込み客を確保できる状態。とかくこちらに力を入れてしまうケースが多いのですが、わざわざ来て頂いたお客さんがお店等にやって来て買い物をした後、または食べた後にお客さんの心理といえば、「このお店は店員さんの感じも良く、親切丁寧なところが気持ちいい」とか「思った通り美味しかった」とか…。来てよかったあ~と言うのが事後評価になります。また逆に「期待外れでお店の人も感じが悪い」とか「美味しくなかった」等、事後評価こそがそのお店の将来を決めると言ってもいいくらい大事なのはお判りのことでしょう。確かに期待をさせるような写真やキャッチコピーも必要ですが、目先だけで広告宣伝をしてしまうと事後評価のランクが下がるだけでなく、1度来たお客さんはもう2度と来ないという結果を招いてしまいます。これで残念ながらお店の将来も台無し、危ういですよねー。

 集客のためにはまず事前評価となるチラシ等の広告デザインを作るワケですが、ここで大事なのがバランス。そのお店のコンセプトにあったイメージや世界観をお店と同じように統一感をもたせ、けっして行き過ぎない形でデザインしなければ違った事前評価となりバランスの悪い広告になってしまいます。あくまでもお店の雰囲気からはずれない企画とデザインを心掛けることが大切です。以前料理雑誌の広告で来たことも食べたこともない方が書かれた記事を見たことがあります。それもあり得ることなのですが。要するに事前評価は想像力で簡単に作れる気がしますが、それとは逆に事後評価は実際のユーザーの方によって評価される生の声です。制作側では作ることはできません。集客を急ぐ気持ちは分りますが、ちゃんと準備が整った状態で広告とお店とのバランスを計算して訴求して行けば間違いなくいい事後評価になると僕は思います。
事前vs事後は、どちらが大事?というご質問を受ける事がよくありますが、「両立」しなければ意味がありません。事前にしっかり計画立てをしても従業員の対応やお店のキレイさとかが悪ければ事後評価は悪いですし、事後評価をしっかり考えたつもりでも事前の広告宣伝等が行き過ぎていたりイメージが異なっていればダメです。つねにバランスを考えながらというのが正しいのかもしれません。僕の考える「デザインの力」的に言えば、事前評価にこの力をしっかり落し込めば従業員のモチベーションもアップしスムーズな流れができるハズ。そしてその力によって事後評価が上がり売上もアップする。口コミでどんどん広まる。そしてきっといい結果が得られると思うのです。なんでもないデザインでも人の心を動かすこともあると僕は信じています。

要するに僕が思うところで言えば「デザインの力」=「人間」、「人」です。このバランスを考えながら何事も関わっていけばきっとこれからの経済を変えて、人々を動かし、まともな社会に発展して行くハズです。この世にデザインというものがある限りって感じかな。この関係が今一番僕が気になっているところなんですけど…。

すべては人間が作り出すモノなのですから、バランスを整えて行けばきっといい世の中になると僕は信じています。もちろんそれだけではありませんが…。これからの日本もバランスを整えて欲しいものですね。

明日もあさっても、その先もずっといい日でありますように。
くれぐれも台風にはお気を付けください。それでは、おやすみなさい…。
スポンサーサイト

テーマ:クリエイティブの世界 - ジャンル:学問・文化・芸術

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。