2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいカテゴリ

この度、新しいカテゴリを追加しました。ここでは、デザインの話に関係なく日々日常的な雑記を掲載していく予定。自分のこと、家族のこと、女房のこと、そして人生についていろいろ書きなぐりブログります。ちょっと仕事から離れてみようかと思います。

今日は「夫婦間」について。僕がここFC2でblogを初めてから、とある夫婦の妻のblogに興味を持った。その内容は僕には1つの物語のようにさえ感じ、現在も愛読中です。喧嘩をしたり仲良くしたり、時にはエッチな話もあったりして…。そこには素直で純粋な気持ちが綴られ、男の僕から見てもなにか共感できるというか、癒されるというか。人間模様が伝わってくる内容でそれこそドラマにでもなるような気さえしてくる。たまたま見たのがキッカケで各家庭の家族もみんないろいろあるんだなあ~と実感する。けっして我が家夫婦の仲が悪い訳ではないけど、男性の感覚と全く違うことがあるんだと、この年になって再確認できたりする。うちは子どもがいないので、妻への愛情は付き合い始めた頃から変わらず、自分で言うのもなんだが、分かりやすく言えば新婚。(結婚6年目)たまに妻は「いつまで新婚なの?」なんてわざと聞いてきたりする。僕はすかさず「やなの?」とふざけて言い返したり…。

僕は人から優しい(誰にでも)と言われたりするが、自分の感覚では優しくしているとうより「思いやり」のつもりで接しているだけ。何をもってして「優しい」というのか時たま分からなくなる。これが今の仕事に活かされているということは自分でも気づいているが。自分も昔そうだったが、「~~をしてあげたのに。」とか、「オレがこんなに想っているのに…」とか、相田みつをの言葉にもある「のに がつくと 愚痴 がでる。」というように、自分が何かを相手に対してしてあげる場合、人はどうしてもこう考えてしまうもの。でも、その考え方をちょっと変えただけで「のに」がなくなったりします。そう思わなくなったのは「思いやり」という事を知った時からなのかな。「~~のに」ではなく「~~してあげなくっちゃ」と気持ちを変えただけで自分がすごく楽になった。妻に対してだけではなく、仕事上のクライアントやいろんなスタッフに対しても。それが僕の人への関わり方です。その結果、仕事にも家庭にも友達にも良い影響が出てくるのだと。

人間は自分のことしか考えない。とはいうものの、1人では生きて行けない。そんなこと誰でも分かりきった事。一瞬そう思うだけでいつしか自分しか見えなくなってしまう。僕は思う。この「のに」という言葉がなければいい「のに」…。(自爆)

恋愛と結婚は別という人がいます。正しくは恋愛と愛情と思いますが、基本的には同じです。この恋愛と愛情を何人の人が理解し、答えられるでしょうか。理解していないから「別だ」なんて言えるのかもしれません。恋愛は育てて作っていくもの。愛情は誰に対しても平等。その気持ちの度合いを変えて接することです。だからこれを理解していない人からすれば僕は「誰にでも優しい」なんて思われるのかも知れないな。ちなみのそんな気持ちで女性と接していると誤解される場合が多く、変な感じになったりします。(昔)
分かっているようで説明できない人のために、ひとつこんな例をあげましょう。

 ある日、ウィンドウショッピングをしていました。何げに入った靴屋さん。
 ハッとするほど素敵な靴を発見してしまいました。(恋に落ちました)
 でも値段が高く、とても手が出ない程高く、悩む…。
 それから毎日のようにその「靴」を見に行くようになり、
 寝ても覚めても、その靴のことばかり。仕事も手につきません。(燃える恋心)
 何ケ月もそのお店に通っては眺めるだけ。我慢しながらコツコツ貯金の毎日。
 いよいよ、貯金も貯まり、少しのボーナスを手にその人(靴)に会いに行く。
 ようやく手に入れたお気に入りの彼(靴)。毎日汚れないように気を使ったり、
 お手入れを欠かさずに大切に大切に…。(これが恋愛)

 そして、何年も何十年もお手入れを続け、履き続けてあげます。(これが愛情)
 めでたし、めでたし。

とまあ、変な例えになってしまいましたが、僕はこういうことなのだと思っています。夫婦間でも同じようにお互いがこう考えて暮していれば「良い靴同士」。そりゃ、革は疲れてきたり、たまに風に当ててあげないとカビも生えます。そんな気持ちを大切にしていれば、日常も悩みも悩みではなく楽しい毎日になりますよ。(ねっアネモネさん)
スポンサーサイト

テーマ:思っていること - ジャンル:ブログ

«  | HOME |  »

A U T H O R

sei2prof
グラフィックデザインをはじめ、
企画力とコンサルティングを武器に
つねに新しいデザインを追求しながら
熱く走り続けて20年余・・・。
デジタルデザインが当たり前のいま、
切った、貼ったのアナログデザインの
経験を活かし、あくまでもMacを
道具として使うデザイン中毒者。

このブログでは、世の中の全て、
身近な物にもデザインは存在する。
という観点で熱く語ります。
楽しくなければデザインじゃない。
遊ぶように前向きにってことで・・・。


・日高 聖二 Seiji Hidaka

・神奈川県川崎市生まれ

・10代から独立心が強く
 様々な挫折をしながら経験を積む。

・21歳、家族の勧めで広告業界へ
 営業と版下のノウハウを覚えながら
 独学でデザインの基礎を身につける
 20年以上のデザイン経験者

・2003年 12月2日 デザイン会社
 SEI2 GRAPHICS&CO. 設立

・座右の銘:この世は修行

R E C E N T - E N T R Y S

C A T E G O R Y S

A R C H I V E

W A R N I N G

No! SPAM

C O M M E N T S

T R A C K B A C K S

T W I T T E R - N O W

TweetsWind

O T H E R S - S I T E

B O O K - S T O R E S

B L O G - S E A R C H

R S S - F E E D

C O P Y R I G H T

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。